なにゆえキリストの道なのか(222)聖書はどんな聖書でもいい? 正木弥

2019年11月23日20時25分 コラムニスト : 正木弥 印刷
関連タグ:正木弥

聖書はどんな聖書でもいいのか。

聖書ならどんな聖書でも結構です。新約聖書だけの聖書でも、新約聖書と旧約聖書の両方がついているものでも、分冊聖書といって、例えば、ヨハネ福音書だけの聖書でも構いません。ただし、次の幾つかの点には注意してください。

新世界訳聖書・・・これは“ものみの塔聖書冊子協会”が発行しているもので、いわゆる“エホバの証人”が行く先々で勧めているものです。この聖書は、“ものみの塔”の教理に合うように幾つかの改ざんをしていますから、警戒しなければなりません。

例えば、ヨハネ福音書14:9後段「わたしを見た者は、父を見たのです」とあるところを、その新世界訳聖書では「わたしを見た者は、父を〔も〕見たのです」と修正しています。こう直すと、わたしと父とが別者であるかのように思わせるわけです。

つまり、三位一体の神を否定する彼らの教理に巧妙に合わせてあるのです。教理は聖書から導かれねばならないのに、教理に合わせて聖書を直したのですから、狡猾かつ悪質なやり方です。このような聖書を用いると、彼らの言い分が正しいように思えるのですから、間違いの道に連れ込まれます。ですから、新世界訳聖書は改ざん聖書として、厳しく排除されねばなりません。

モルモン経(けい)とか、アブラハム書とかモーセ書などは聖書ではありません。これらは、モルモン教の聖典といわれるもので、彼らが勝手に作り上げたものです。読まないにこしたことがありません。

聖書といっても、旧約聖書と新約聖書の間にはさみ込まれている《外典》というものもあります。この《外典》はギリシャ語で書かれており、アポクリュファ(“隠されたもの”とか“秘密の”の意味)と呼ばれ、“奥義の書”とも言われていますが、しかし、聖書の正典ではありません。外典にはヘブル語の写本がなく、聖書の民ユダヤ人も聖書の正典ではないものとして取り扱っています。内容的にも、お伽ぎ話し的、奇想天外で、歴史的にも不整合です。これには、エスドラス書、トビト書、ユデト書、エステル書残篇、ソロモンの知恵、ベンシラの知恵、バルク書、スザンナ、ベルと竜、三童子の歌、マカベア書などがあります。

キリスト教も、これらを正典目録に載せず、宗教改革以後、プロテスタントは聖書から除き、「そこから教理や信仰基準をとるべきでない」としています。ただし、教派によっては、信仰者の德を養うに有益な点もあるとしています。また、その中、マカベア書は中間時代の歴史資料としては有益だとされています。

旧約・偽典という一群の書があります。アリステアスの手紙、エノク書、ヨベル書、十二族長の遺言、シビュラの託宣など。これらの多くは黙示文学的で、しかも著しく突飛で、空想的であり、聖書ではありません。

新約聖書・外典という一群の書もあります。その数は旧約の外典よりも多いし、その写本は多様な言語で書かれています。これには、アグラファ、ペテロ福音書、ニコデモ福音書、ヤコブ原福音書、トマス福音書、ペテロ行伝、ヨハネ行伝、セネカとパウロの往復書簡などがあり、全体はまだこれに倍するほど巻数があります。その作成年代はAD2、3世紀、遅くも4世紀で、当時の大衆が好んで読んだようで、西欧の芸術作品のモチーフにも採用されています。しかし、思想性は乏しく、聖書とは言えないものです。

以上、聖書にまがうものに惑わされず、聖書を深く、深く読みましょう。

<<前回へ     次回へ>>

正木弥

正木弥(まさき・や)

1943年生まれ。香川県高松市出身。京都大学卒。17歳で信仰、40歳で召命を受け、48歳で公務員を辞め、単立恵みの森キリスト教会牧師となる。現在、アイオーンキリスト教会を開拓中。著書に『ザグロスの高原を行く』『創造論と進化論 〜覚え書〜 古い地球説から』『仏教に魂を託せるか』『ものみの塔の新世界訳聖書は改ざん聖書』(ビブリア書房)など。

【正木弥著書】
仏教に魂を託せるか 〜その全体像から見た問題点〜 改訂版
ものみの塔の新世界訳聖書は改ざん聖書
ザグロスの高原を行く イザヤによるクル王の遺産』(イーグレープ
創造論と進化論 〜 覚え書 〜 古い地球説から
なにゆえキリストの道なのか

【正木弥動画】
おとなのための創作紙芝居『アリエルさんから見せられたこと』特設ページ

関連タグ:正木弥

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース