イスラエル

世界福音同盟、イスラエルのヨルダン川西岸合併計画に懸念

世界福音同盟、イスラエルのヨルダン川西岸合併計画に懸念

世界福音同盟(WEA)は23日、イスラエルが7月1日に、パレスチナのヨルダン川西岸地区の一部を合併しようと計画していることに対し「深い懸念」を表明。合併計画は「話し合いによる和平合意に向けた希望を断つ危険性がある」と述べた。

2020年06月24日16時22分

イスラエル建国記念式典に日本のクリスチャン音楽家約40人が出演へ 決起集会に850人

イスラエル建国記念式典に日本のクリスチャン音楽家約40人が出演へ 決起集会に850人

4月末に開かれるイスラエルの建国記念式典に出演する日本のクリスチャン音楽家約40人を祈りのうちに送り出そうと、ツアーを企画する「ブリッジ・フォー・ピース・ジャパン」(B.F.P. Japan)が11日、淀橋教会で決起集会を開催した。

2020年02月12日10時38分

古代ヘブライ語文書を高速で自動解読へ ハイファ大学がシステム開発

イスラエル紙「ハアレツ」が17日、ハイファ大学デジタル人文科学研究所のスタッフがハイテク技術を使って古代ヘブライ語の文書を高速で自動解読するシステム開発に取り組んでいる、と報じた。

2020年01月27日17時02分

エルサレムの教会指導者らが声明「組織的な企てがある」 聖地の「現状維持」を訴え

エマオの場所特定か、復活したキリストが2人の弟子に現れた町

十字架につけられたイエス・キリストが復活後、2人の弟子に現れたとされる町、エマオ。その場所が特定された可能性がある。ルカによる福音書24章13節には、エマオはエルサレムから約11キロの所に位置していたと記されている。

2019年09月16日20時42分

使徒ペトロとアンデレの自宅跡に建てられた教会発見か、ガリラヤ湖近くで

使徒ペトロとアンデレの自宅跡に建てられた教会発見か、ガリラヤ湖近くで

イスラエルのキネレット大学などのチームは、ガリラヤ湖付近で発見された教会跡が、イエス・キリストの弟子で兄弟のペトロとアンデレの自宅跡に建てられたと伝えられている教会の可能性が高いと発表した。

2019年08月10日19時33分

ダビデがサウル王から逃れ住んだペリシテの町ツィクラグ発見か

ダビデがサウル王から逃れ住んだペリシテの町ツィクラグ発見か

ヘブライ大学などの研究者チームの発表によると、ダビデがサウル王から逃亡していた際、隠れ住んでいた町が発見された可能性がある。発見されたとみられるのは、旧約聖書のサムエル記や歴代誌などに登場する町ツィクラグ。

2019年07月22日23時45分

イエス・キリストは縮れ毛で面長だった? イスラエルの教会跡で古代の壁画発見

イエス・キリストは縮れ毛で面長だった? イスラエルの教会跡で古代の壁画発見

イスラエルの教会跡で、イエス・キリストの顔を描いた古代の壁画が見つかった。描かれていたイエスは、長髪でひげをはやした西洋的なイメージの人物とは異なり、縮れ毛で面長だったという。

2018年11月23日14時42分

旧約聖書に登場するアハブ王の顔か、イスラエルで2800年前の像の頭部発見

旧約聖書に登場するアハブ王の顔か、イスラエルで2800年前の像の頭部発見

イスラエル北部の国境近くにある聖書時代の遺跡で、約2800年前のものとみられる陶磁器製の像の頭部が見つかった。像は旧約聖書に登場する古代イスラエルの王、アハブのものである可能性が高いという。

2018年06月15日19時26分

「聖書のイスラエル」と「現代のイスラエル」をつなぐ 在エルサレムの日本人ジャーナリストが講演(1)

「聖書のイスラエル」と「現代のイスラエル」をつなぐ 在エルサレムの日本人ジャーナリストが講演(1)

イスラエル建国70年を記念したセミナーが10日、お茶の水クリスチャン・センターで開催された。講師は、イスラエル公認ジャーナリストの石堂ゆみさん。聖書に記されているイエスの時代から、現代までの約2千年間にわたるユダヤ人の歴史を概観した。

2018年05月18日14時17分

米大使館、エルサレムに移転 イスラエル建国70年の日に ガザでは41人死亡

米大使館、エルサレムに移転 イスラエル建国70年の日に ガザでは41人死亡

米国はイスラエル建国70年を迎えた14日、同国第2の都市テルアビブにあった米大使館をエルサレムに移転した。一方、パレスチナ自治政府は猛反発。ガザ地区との境界付近では約4万人のデモ隊と軍が衝突し、41人が死亡、2200人以上が負傷した。

2018年05月15日1時08分

FINE ROAD(74)イスラエルの旅シリーズ11 グレート・シナゴーグ 西村晴道

FINE ROAD(74)イスラエルの旅シリーズ11 グレート・シナゴーグ 西村晴道

テルアビブのグレート・シナゴーグは、1922年に Yehuda Magidovitch によって設計され、1926年に完成。1970年に改装され、新しいアーチ状の外観を備えている。ディゼンゴフ広場周辺は世界遺産の「白い街」、緑に囲まれた白い家並みを見ながら歩く。

2018年05月08日7時46分

FINE ROAD(73)イスラエルの旅シリーズ⑩ヘチャール・イェーダ・シナゴーグ 西村晴道

FINE ROAD(73)イスラエルの旅シリーズ⑩ヘチャール・イェーダ・シナゴーグ 西村晴道

テルアビブには約500のシナゴーグがある。その中の一つであるこのシナゴーグは貝殻に似た形をしているため、「シーシェル(貝殻)・シナゴーグ」ともいわれている。静かな町の通りに面して建つ、ユニークな白い大きな貝殻が目を引く。

2018年04月24日12時41分

FINE ROAD(72)イスラエルの旅シリーズ⑨テルアビブ大学シナゴーグ 西村晴道

FINE ROAD(72)イスラエルの旅シリーズ⑨テルアビブ大学シナゴーグ 西村晴道

テルアビブ大学構内には、有名なスイスの建築家マリオ・ボッタ設計のモダンな建物がある。タクシーを降りるとすぐ眼の前に、大きな2つの塔を持つレンガの建物が飛び込んできた。スイスのモニョの教会、モンテタマロの教会を思い出すボッタの円筒のデザイン。

2018年04月10日16時04分

エターナル・ラブ・イスラエルが決起集会 イスラエル・メシアニック・ジュー連合議長が講演

エターナル・ラブ・イスラエルが決起集会 イスラエル・メシアニック・ジュー連合議長が講演

在日ユダヤ人伝道団体「エターナル・ラブ・イスラエル」(宮本純子代表)の決起集会が1日、開催された。集会では、来日したイスラエル・メシアニック・ジュー連合議長のハナン・ルカス氏が、「預言的視点から見た主の例祭」と題してメッセージを伝えた。

2018年04月02日21時43分

FINE ROAD(71)イスラエルの旅シリーズ⑧鶏鳴教会 西村晴道

FINE ROAD(71)イスラエルの旅シリーズ⑧鶏鳴教会 西村晴道

大祭司カヤパの屋敷跡といわれる場所に建てられた教会。ゲッセマネで捕らえられたイエスはここに連行された。2千年前そのままの道が出土している。庭で様子を探っていたペテロが主を知らないと3度否んだときに、ニワトリが鳴いたことを記念する教会である。

2018年03月27日13時46分

FINE ROAD(70)イスラエルの旅シリーズ⑦リディーマー・ルーテル教会 西村晴道

FINE ROAD(70)イスラエルの旅シリーズ⑦リディーマー・ルーテル教会 西村晴道

エルサレムの旧市街中心、聖墳墓教会の筋向かいにそびえ立つ白亜のルーテル教会。1898年にドイツ皇帝ヴィルヘルム2世が建立した。現在はヨルダン・ルーテル教会のアラブ語礼拝のほかに、ドイツ語、英語の礼拝を行っている。

2018年03月13日15時11分

聖墳墓教会・エディクラ

聖墳墓教会、閉鎖は3日間で解除 エルサレム

エルサレム旧市街にある聖墳墓教会を共同管理するキリスト教各派は2月28日、イスラエルの課税計画に抗議するため25日から閉鎖していた同教会を開放した。閉鎖の間、観光客やキリスト教徒の巡礼者が教会内に入れないなどの混乱が続いていた。

2018年03月06日14時45分

FINE ROAD(69)イスラエルの旅シリーズ⑥聖墳墓教会 西村晴道

FINE ROAD(69)イスラエルの旅シリーズ⑥聖墳墓教会 西村晴道

イエスが十字架にかけられたゴルゴダの丘とされる場所に建つ教会。釘打たれた(第11留)、息を引き取り(第12留)、マリアが亡骸を受け取り(第13留)、墓に納められた(第14留)とされるステーション(留)がある。

2018年02月27日23時10分

聖墳墓教会

エルサレムの聖墳墓教会が突然閉鎖 税制措置や財産法案に抗議で

エルサレムのキリスト教指導者らは25日、イエス・キリストの遺体が埋葬されたと言い伝えられている旧市街の聖墳墓教会を閉鎖するという異例の措置を発表した。イスラエル政府による税制措置と、現在提出されている財産法案に抗議するため。

2018年02月27日0時23分

FINE ROAD(68)イスラエルの旅シリーズ⑤ナチス迫害記念館 西村晴道

FINE ROAD(68)イスラエルの旅シリーズ⑤ゲッセマネの教会 西村晴道

ナチスの犠牲になった600万人のユダヤ人を記念する施設。「記念の名をわたしの家、わたしの城壁に刻む。その名は決して消し去られることがない」(イザヤ書56:5)というヘブライ語のヤド・ヴァシェム(記念と記憶)から名付けられたホロコースト記念館。

2018年02月15日20時03分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース