イスラエル

ネット時代に進むユダヤ人伝道と携挙のタイミング 第8回再臨待望聖会

ネット時代に進むユダヤ人伝道と携挙のタイミング 第8回再臨待望聖会

第8回再臨待望聖会が3日、東京の淀橋教会で開催された。イスラエルの宣教団体 ONE FOR ISRAEL のエイタン・バール氏が、ネットにより飛躍的に進むユダヤ人伝道について、また中川健一氏が「携挙が起こるタイミング」と題してそれぞれ講演した。

2017年11月06日15時25分

ローマ教皇とエルサレム総主教、聖地の「ステイタス・クオ」を呼び掛け

ローマ教皇とエルサレム総主教、聖地の「ステイタス・クオ」を呼び掛け

ローマ教皇フランシスコとエルサレム総主教セオフィロス3世は10月23日、バチカン(ローマ教皇庁)で会談し、聖地エルサレムの「ステイタス・クオ(現状維持)」を求め、宗教間の暴力と差別の終結を呼び掛けた。

2017年11月02日14時24分

イエスの時代の「ソロモンの池」修復へ 米が費用拠出

「ソロモンの池」修復へ、イエスの時代に建造 米国が費用拠出

イエスの時代にエルサレムの水源となっていた3つの古代池が、米国から75万ドル(約8400万円)の費用拠出を受け、修復されることが10日、発表された。この3つの人口池は「ソロモンの池」と呼ばれ、ヨルダン川西岸のベツレヘム近郊にある。

2017年10月20日10時35分

エルサレムの教会指導者らが声明「組織的な企てがある」 聖地の「現状維持」を訴え

エルサレムの教会指導者らが声明「組織的な企てがある」 聖地の「現状維持」を訴え

エルサレムの教会指導者らが、何世紀にもわたって合意されてきた聖地の「ステイタス・クオ(現状維持)」の原則が侵害されていると強く訴える共同声明を発表した。声明は「キリスト教徒の存在を弱めようとする組織的な企てがあります」と主張している。

2017年09月12日19時21分

イエスの弟子3人の故郷ベトサイダを発見か? イスラエルの考古学チーム

イエスの弟子3人の故郷ベトサイダを発見か イスラエルの考古学チーム

イスラエルの考古学者らによるチームが、ガリラヤ湖北岸で、ローマ帝国時代の都市ユリアスを発見した可能性があると明らかにした。ユリアスは、イエスの弟子3人の故郷ベトサイダの跡地に建てられたと考えており、弟子たちの故郷が特定された可能性がある。

2017年08月24日13時56分

新バビロニアによるエルサレム破壊の証拠か イスラエル考古学庁が発表

新バビロニアによるエルサレム破壊の証拠か イスラエル考古学庁が発表

イスラエル考古学庁は最近、エルサレムの「ダビデの町」の発掘現場から、約2600年前の遺物を発見したと発表した。遺物は灰の層で覆われた黒焦げの木などで、バビロニアがエルサレムを放火したと記されている聖書記述の信頼性を証明するものだとしている。

2017年08月18日20時41分

「神殿の丘」の立ち入り規制に現地教会指導者らが懸念 「イスラム教徒にも聖地で礼拝する自由を」

「神殿の丘」の立ち入り規制に現地教会指導者らが懸念 「イスラム教徒にも聖地で礼拝する自由を」

エルサレムの教会指導者たちは、今月中旬に発生した銃撃事件後に、イスラエル治安当局が、エルサレム旧市街の「神殿の丘」の入り口に検問所を設置したことなどを受け、規制を解除し、イスラム教徒が自由に礼拝できるよう要請する公開書簡を発表した。

2017年07月27日23時01分

世界教会協議会、50年に及ぶパレスチナ占領を非難

世界教会協議会、50年に及ぶパレスチナ占領を非難

今年、イスラエルがパレスチナを占領してから50年を迎えることを受け、世界教会協議会(WCC)常議員会は、現政党が正義に基づく平和の追求に失敗していることを嘆き、これは「国際社会のメンバーの良心に付いた消えない汚点」だと語った。

2017年06月13日17時23分

ペンテコステに聖地の平和求める祈りを 世界教会協議会が呼び掛け

ペンテコステに聖地の平和求める祈りを 世界教会協議会が呼び掛け

世界教会協議会(WCC)は、世界中のクリスチャンに対し、ペンテコステに合わせて、聖地の「公正に基づいた平和(Just Peace)」を求める祈りに参加するよう呼び掛けている。

2017年06月04日18時37分

ガリラヤ湖近くの遺跡に教会群、未知の聖人のものとみられる墓発見

ガリラヤ湖近くの遺跡に教会群、未知の聖人のものとみられる墓発見

ガリラヤ湖に近い「ヒッポス・スシタ遺跡」では、5世紀末から6世紀初頭のものとみられる教会群が見つかっている。これまでに少なくとも6カ所の礼拝所が確認されているが、最近、これまでに知られていない未知の聖人のものとみられる墓が発見された。

2017年05月19日18時48分

カンタベリー大主教、地雷に取り囲まれたイエス洗礼の地を訪問

カンタベリー大主教、イエス洗礼の地を訪問 周辺にはいまだに数千の地雷

9日午後、40度のうだるような暑さの中、英国国教会のトップであるカンタベリー大主教ジャスティン・ウェルビーは、伝統的にイエス・キリストが洗礼を受けた場所だとされているヨルダン川西岸の「カスル・エル・ヤフド」を訪れた。

2017年05月13日7時52分

エルサレム近郊で1400年前の青銅貨発見 迫害逃れたキリスト教徒の遺物か

エルサレム近郊で1400年前の青銅貨発見 迫害逃れたキリスト教徒の遺物か

約1400年前の青銅貨が、エルサレムへ向かう幹線道路の拡張工事に伴い見つかった遺跡の発掘現場で発見された。硬貨は当時、意図的に隠されていたとみられ、考古学者らは、侵略してきたペルシャ軍を逃れたキリスト教徒のものであったと考えている。

2017年03月24日15時37分

WCCのトヴェイト総幹事、パレスチナのアッバス議長と会談

WCCのトヴェイト総幹事、パレスチナのアッバス議長と会談

世界教会協議会(WCC)のオラフ・フィクセ・トヴェイト総幹事は2月26日、スイス・ジュネーブでパレスチナ自治政府のマフムード・アッバス議長と会談し、イスラエルとパレスチナの「公正に基づいた平和(Just Peace)」について話し合った。

2017年03月13日16時11分

仏とイスラエルの考古学者ら、エルサレム近郊で「契約の箱」の発掘調査を計画

仏とイスラエルの考古学者ら、エルサレム近郊で「契約の箱」の発掘調査を計画

フランスとイスラエルの考古学者らが、8月からエルサレム郊外で「契約の箱」の発掘調査を行う計画を立てている。契約の箱の中には、神がモーセに授けた十戒が刻まれた石板が納められていると考えられている。

2017年02月20日23時35分

死海文書の12番目の洞窟発見、60年ぶり 写本自体は盗掘被害に

死海文書の12番目の洞窟発見、60年ぶり 写本自体は盗掘被害に

イスラエルのへブライ大学は8日、死海の北西岸に位置するクムラン西部の岸壁で、死海文書が保存されていたとみられる洞窟を発見したと発表した。死海文書の洞窟が発見されるのは60年ぶり。洞窟からは、壺や布の断片などは見つかったが、死海文書自体は喪失していた。

2017年02月15日23時17分

ヒルソング教会、イスラエルで教会開拓へ ヒューストン牧師が発表

ヒルソング教会、イスラエルで教会開設へ ヒューストン牧師が発表

ヒルソング教会の創設者で、現在は同教会国際主任牧師、ヒルソング・ミュージック会長などを務めるブライアン・ヒューストン牧師(62)は13日、自身のインスタグラムに「ヒルソング・イスラエル」と書かれた画像を投稿し、イスラエルで新しい教会を開くことを発表した。

2017年02月14日23時24分

パレスチナのアッバス議長が教皇と会談、トランプ氏を警戒か

パレスチナのアッバス議長が教皇と会談、トランプ氏を警戒か

パレスチナ自治政府のマフムード・アッバス議長は14日、バチカン(ローマ教皇庁)でローマ教皇フランシスコと約20分間会談した。世界各地のテロ・過激主義と闘う重要性や、イスラエルとの和平プロセスなどについて話し合った模様。

2017年01月17日17時34分

イスラエルの洞窟で十字架と燭台の希少な彫り物発見 イエス時代のものか

イスラエルの洞窟で十字架と燭台の希少な彫り物発見 イエス時代のものか

イスラエルの洞窟で、イエス・キリストが生きていた頃の時代に刻まれたとみられる十字架と燭台の彫り物が発見された。洞窟の壁に刻まれた彫り物を発見したのは、ハイキングをしていた男性3人で、昨年のクリスマスの時期に、石灰岩地帯を歩いていたときに発見したという。

2017年01月06日9時17分

ローマ教皇フランシスコ

教皇フランシスコ、クリスマスメッセージでテロ犠牲者に慰めの言葉

ローマ教皇フランシスコは25日、バチカン(ローマ教皇庁)のサンピエトロ大聖堂のバルコニーから、毎年恒例のクリスマスメッセージを読み上げ、「ローマと全世界」(ウルビ・エト・オルビ)を祝福した。

2016年12月26日20時10分

紀元1世紀のユダヤ教の会堂跡を日本の調査団が発見

イスラエル北部のガリラヤ地方にあるテル・レヘシュ遺跡を発掘調査している日本の調査団が紀元1世紀のシナゴーグ(ユダヤ教会堂)跡を発見したと、8日発表した。日本経済新聞が9日報じた。初期のシナゴーグ跡は同国でも7カ所しか見つかっていない。

2016年12月14日0時22分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース