山崎純二の記事一覧

主の祭り(2)祭りの時期と秘められた意味 山崎純二

主の祭り(2)祭りの時期と秘められた意味 山崎純二

前回書いた通り、今年は「祭り」に注目して御言葉を分かち合っていきたいと思いますが、旧約聖書の各種の祭りの中でも、神様は特に年に3度の祭りを大切にするように命じられました。申命記にこうあります。

2020年01月28日10時58分

主の祭り(1)初めに 山崎純二

主の祭り(1)初めに 山崎純二

私は現在、教会内の小さな集まりで毎週メッセージを語らせていただいているのですが、昨年の初めに主任牧師先生が年間のテーマ聖句を決めてくださいました。それは「私たちは主の祭りをするのですから」という出エジプト10:9の御言葉でした。

2020年01月22日11時16分

「女系天皇論」と「女の子孫」キリストの誕生 山崎純二

「女系天皇論」と「女の子孫」キリストの誕生 山崎純二

主の生誕が世界中で祝われるクリスマスです。今日は女系天皇論と比較しながら「女の子孫」として来られたキリストについて、その深い意味を皆様と共に考えていきたいと思います。新約聖書は、このような系図から始まります。

2019年12月25日19時07分

「全能神」とそのフェイスブック上の活動について

「全能神」とそのフェイスブック上の活動について

最近、クリスチャンを名乗る面識のない人から、フェイスブックの友人申請を受けることが多くなり、その中に何やら普通のクリスチャンとは少し違う感じのする人たちが目立つようになってきました。

2019年09月19日22時20分

【書評】進藤龍也著『元極道牧師が聖書を斬る!』 人生経験からにじみ出る面白くて深いメッセージ 山崎純二

【書評】進藤龍也著『元極道牧師が聖書を斬る!』 人生経験からにじみ出る面白くて深いメッセージ 山崎純二

僕と進藤先生との最初の出会いは、JTJ神学校の入学式だった。「出会い」とは言っても、言葉を交わしたわけではなく、すごい目つきの鋭い人が後ろの方に座っていて、なんとも言えないオーラを放っていたのを今でも覚えている。

2019年08月21日12時01分

七週の祭りとルツ記(1)あなたの神は私の神です 山崎純二

七週の祭りとルツ記(6)近親者なるキリスト 山崎純二

ボアズは、この問題を解決するために、下手な策を弄することはありませんでした。主の律法に従い、自分よりも近い親類の男に事情をすべて正直に話しました。それを聞いた彼は「私が買い戻しましょう」と答えました。

2019年08月14日17時59分

七週の祭りとルツ記(1)あなたの神は私の神です 山崎純二

七週の祭りとルツ記(5)休まれない主 山崎純二

さて今までは、ボアズが、ルツとナオミの買い戻しの権利のある者であるという話をしました。買い戻しの権利と訳されている言葉はヘブル語で「ゴエル」と言い、近親者の危機を救い贖(あがな)う者として律法によって定められていました。

2019年07月30日10時53分

七週の祭りとルツ記(1)あなたの神は私の神です 山崎純二

七週の祭りとルツ記(4)ルツの真実と主の覆い 山崎純二

今までは、ルツの真実と信仰について確認してきました。彼女は義理の母に真実を尽くし、イスラエルの主を自分の神として仕えるために、異国の地で落穂拾いという過酷な労働に就くことを志願しました。

2019年07月16日15時16分

七週の祭りとルツ記(1)あなたの神は私の神です 山崎純二

七週の祭りとルツ記(3)買い戻しの権利(ゴエル)と主の御翼  山崎純二

今までは、ルツの真実と信仰について確認してきました。彼女は義理の母に真実を尽くし、イスラエルの主を自分の神として仕えるために、異国の地で落穂拾いという過酷な労働に就くことを志願しました。

2019年07月02日12時13分

七週の祭りとルツ記(1)あなたの神は私の神です 山崎純二

七週の祭りとルツ記(2)落ち穂拾いと神の法の精神 山崎純二

彼女たちは、翌日食べるものさえありませんでした。しかしルツは、苦しい状況であるにもかかわらず、自分の不幸を嘆いたり、自暴自棄になったりはしませんでした。彼女は自分のできる精いっぱいのことをしようとしました。

2019年06月14日18時25分

七週の祭りとルツ記(1)あなたの神は私の神です 山崎純二

七週の祭りとルツ記(1)あなたの神は私の神です 山崎純二

今年の6月9日は五旬節「ペンテコステ」ですが、イスラエルでは七週の祭り(シャヴオット)となります。イスラエルにおいては、この祭りと関連の深い人物が2人いるようであります。

2019年05月29日17時42分

21世紀の神学(10)直木賞受賞作品『宝島』を読んで 山崎純二

21世紀の神学(10)直木賞受賞作品『宝島』を読んで 山崎純二

私は現在、沖縄に移住して5、6年がたっているのですが、沖縄を舞台にした『宝島』という作品が直木賞を受賞したということで、手に取ってみたのですが、すぐにその世界に引き込まれ、一気に読んでしまいました。

2019年04月01日18時33分

山崎純二

21世紀の神学(9)M-1騒動、とろサーモン久保田氏が激高した理由 山崎純二

今年最初のコラムとして、昨年末の「M-1グランプリ」とろサーモン久保田氏の暴言問題を取り上げなければならないことはあまり気の進むことではないのですが、彼が激高した理由を誰も書いていないようなので、批判を覚悟で書かせていただきます。

2019年03月15日13時53分

21世紀の神学(8)脊髄反射とニコニコ動画の川上量生氏の言葉 山崎純二

21世紀の神学(8)脊髄反射とニコニコ動画の川上量生氏の言葉 山崎純二

「脊髄(せきずい)反射」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?何か熱さを感じたり、痛みを感じたりしたときに脳で考えてからそれを避けるのではなく、情報が脊髄から手足に直結して、反射的に危険を回避することを指します。

2018年12月21日20時04分

21世紀の神学(7)村上春樹著『沈黙』を読んで 山崎純二

21世紀の神学(7)村上春樹著『沈黙』を読んで 山崎純二

今回は、村上春樹著『沈黙』から書かせていただきたいと思います。この短い短編は、高校2、3年生向けの「集団読書テキスト・第II期B112」(全国学校図書館協議会)にも採用されたことがあるようで、高校の授業で読んだという方もいるかもしれません。

2018年11月21日17時56分

21世紀の神学(6)SNS時代の魔女狩り 山崎純二

21世紀の神学(6)SNS時代の魔女狩り 山崎純二

21世紀という時代を考える上で、私たちの生活や思考と切り離すことができないのがインターネットです。私が学生の頃は、電話線でモデムを介してインターネットにつながり、写真1枚表示されるのに数分かかるというような状況でした。

2018年11月07日21時33分

山崎純二

21世紀の神学(5)〇〇ファーストと松本人志論 山崎純二

現代の日本人の精神を考える上で、松本人志さんほど大きな影響を与えた人物はいないのではないだろうか。私自身、最近でこそテレビをまったく見なくなりましたが、学生時代から今に至るまで、彼の多くの番組を見てきました。

2018年09月14日22時48分

21世紀の神学(1)青山繁晴氏「キリストは100パーセント復活された」 山崎純二

21世紀の神学(4)青山繁晴氏へ一番伝えたかったこと 山崎純二

今回は、私が一番伝えたかったこととして、なぜ多くの熱心なクリスチャンが受け入れているこの教理について青山さんが違和感を感じるのかについて書かせていただき、この感覚の乖離(かいり)を埋めることができればと思います。

2018年08月31日9時17分

21世紀の神学(1)青山繁晴氏「キリストは100パーセント復活された」 山崎純二

21世紀の神学(3)青山繁晴氏が相いれないと感じる教理について 山崎純二

青山繁晴氏が、キリストの復活を100パーセント確信していること、それにもかかわらずキリスト教とならないのは、キリスト教の幾つかの教理がご自身の信条と合わないからであるとおっしゃっていたことを、前回まで紹介しました。

2018年08月17日18時23分

21世紀の神学(1)青山繁晴氏「キリストは100パーセント復活された」 山崎純二

21世紀の神学(2)青山繁晴氏がキリスト者とならない理由 山崎純二

ここで私が注目したいことは、青山さんがキリストの自己犠牲的な十字架の死にのみ感銘を受けたのでなく、キリストの復活について言及されたことです。キリストの復活は生物学的な常識では不可能なことであり、信仰に属する問題です。

2018年08月03日22時29分

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース