山崎純二の記事一覧

キリスト教から米大統領選を見る(18)トランプ氏が勝利 福音派の政治力の衰退と反知性主義

トランプ氏をクリスチャンが支持した2つの理由 山崎純二

ご承知のようにトランプ氏が米大統領選において勝利を得ましたが、このことに関する報道の多くがあまりにも表層的で一面的なので、聖書的な価値観を基に、少し異なる観点を提示させていただきたいと思います。

2016年11月17日19時44分

山崎純二

三位一体の神様(13)父論「見ることのできない方」 山崎純二

前々回は、「生まれざる者」と「生まれた者」と題して、主に子なる神が「生まれた者」であるという点にスポットを当てて書かせていただきました(コロサイ1:15参照)。今日は「生まれざる者」である父に焦点を当てて書かせていただこうと思います。

2016年11月16日11時52分

山崎純二

三位一体の神様(12)神様の御名2 山崎純二

イエス様は父の名を大切にされ、御名の栄光のために祈られ、働かれました。ある時弟子たちが、祈り方を教えてくださいと、質問をしてきました。そこで教えられたのが、有名な主の祈りです。

2016年08月18日7時58分

山崎純二

三位一体の神様(11)「生まれざる者」と「生まれた者」 山崎純二

昔キングギドラという架空の怪獣がゴジラシリーズに登場していました。体は一つで頭が三つある怪獣です。聖書にも七つの頭を持つ獣(黙示録17:3)や、四つの顔を持つ生き物(エゼキエル1:6)などが登場します。

2016年06月18日23時27分

山崎純二

三位一体の神様(10)教義擁護策への警鐘2「エホバ」の御名と「イエス」の御名 山崎純二

私が最初に小さな疑問を持ったのは、こんな経験からでした。私の父は若いときにキリスト教に入信しましたので、その当時に購入した聖書や聖歌を大切に使っていました。

2016年06月10日20時16分

山崎純二

三位一体の神様(9)佐藤優氏の執筆動機および教義擁護策への警鐘 山崎純二

三位一体論は人間の理性では理解し難いものである故に、それを否定する人々は少なからずいますが、その中でも考えさせられる批評は「三位一体という言葉は、後代の造語であり、聖書にはない用語だ」というものです。

2016年06月03日18時36分

山崎純二

三位一体の神様(8)うちにおられる方 山崎純二

「父なる神」と「子なる神」は、今まで何度も言及してきたように、位格(ペルソナ)の異なる方です。しかし、神は複数なる存在ではなく、「一」なる存在です。

2016年05月26日7時41分

山崎純二

三位一体の神様(7)神様の御名 山崎純二

今回は神様の本質に関わるもう一つの重要な点について語りたいと思います。それは三位なる神様は御名において「一」であるというものです。まずは今日のテーマの核心となる聖書箇所から見ていきましょう。

2016年05月05日7時40分

山崎純二

三位一体の神様(6)神様の言葉 山崎純二

今日は、「言葉」というテーマで、「一」について論じたいと思います。ちなみに、なぜ私が「一体」についてと言わずに、「一」についてと言うのかについては、佐藤優氏の著書の中で紹介されている同志社大学の伝統に賛同する部分があるからです。

2016年04月23日22時27分

山崎純二

三位一体の神様(5)神様のおもい 山崎純二

それよりも難しいのは、その三位なるお方がいかに「一」であるのか。言い換えると複数の位格(ペルソナ)でありつつ、いかに「唯一神」であり得るのかという点です。今回からは、より直接的に神ご自身に関する聖書の記述を追っていきたいと思います。

2016年04月14日11時18分

山崎純二

三位一体の神様(4)祈られる神 山崎純二

今回からは、より直接的に三位一体の神様に関しての聖書箇所を追いながら、どのような意味において「1」なのか、いかに「3」なのかを見ていきたいと思います。まずは「3」の意味について確認しておきましょう。

2016年04月07日20時45分

山崎純二

三位一体の神様(3)夫婦の摂理 山崎純二

前回、三位一体が難解なのは「三(複数)つが一(単数)つ」という点であるが、聖書には「三位一体の神様」以外にも「複数の人格(位格・ペルソナ)でありつつ、一体なる存在」の例がはっきりと示されていますので考えてみてくださいと言いました。

2016年03月24日22時47分

山崎純二

三位一体の神様(2)オーガニック・セオロジー 山崎純二

さて前回から三位一体に関する連載を始めさせていただいたのですが、今日は最初に問題の論点を明確にし、本論に入る前に三位一体をひも解くための頭の準備運動をしていきたいと思います。

2016年03月17日20時19分

山崎純二

三位一体の神様(1)初めに 山崎純二

2015年10月14日付の本紙記事において「なぜ三位一体は理解しづらいのか?」という非常に興味深い記事がありました。この記事においては、以下の四つの代表的な「例え」が紹介されていました。

2016年03月10日11時21分

山崎純二

律法と福音(28)新しい戒め(最終回) 山崎純二

今日はこれまでの内容を総まとめしながら、一番大切なことを書きます。それは「新しい戒め」に関することです。新しい戒めとは何かということを理解するために、「古い戒め」に関することから思い起こしていきたいと思います。

2016年01月28日7時43分

山崎純二

律法と福音(27)福音に似て非なるもの 山崎純二

これまで律法と福音の関係について書いてきましたが、今回は少し異なる角度から書かせていただきたいと思います。それは「福音に似て非なるもの」についてです。世の中には「福音」や「真理」という名前で呼ばれる事柄が少なからずあります。

2016年01月21日14時54分

山崎純二

律法と福音(26)モーセの死とヨシュアの名前の意味 山崎純二

律法と福音の関係を絵のように理解するために、先週までは「契約の箱と蓋」の構造に関して詳しく述べてきました。今回はそれを補完する意味で、「モーセとヨシュア」に注目してみたいと思います。

2016年01月14日6時47分

山崎純二

律法と福音(25)天使(ケルビム)の役割 山崎純二

先週は契約の箱に蓋(ふた)の覆いがあることが恵みであり、それが「律法と福音」の関係を絵のように見せていると書きましたが、今回はその蓋を見つめる者たちに関して詳しく見ていきたいと思います。

2016年01月07日19時08分

山崎純二

律法と福音(24)契約の箱の蓋(マーシー・シート) 山崎純二

さて前回、契約の箱(アーク)には「祝福と神罰」が伴うという事例を幾つか皆様と確認しました。そして神罰に関しては、それをもたらした契約の箱や律法(十戒)が悪いのではなく、私たちの内にある「罪」こそが問題であるという点も、何度も強調させていただきました。

2015年12月31日8時33分

山崎純二

律法と福音(23) 契約の箱(祝福と神罰)山崎純二

これまで私は、多くの週にわたって「律法」と「福音」について、それぞれ書いてきましたが、今回から数回にかけて、この「律法」と「福音」がどのような関係になっているのかを、「契約の箱(アーク)」の構造と比較しながら見ていきたいと思います。

2015年12月24日19時57分

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース