主に愛され主を愛する歩み 万代栄嗣

2020年6月15日10時15分 コラムニスト : 万代栄嗣 印刷
関連タグ:万代栄嗣詩編

私は主を愛する。主は私の声、私の願いを聞いてくださるから。主は、私に耳を傾けられるので、私は生きるかぎり主を呼び求めよう。・・・私は苦しみと悲しみの中にあった。そのとき、私は主の御名を呼び求めた。・・・まことに、私たちの神はあわれみ深い。主はわきまえのない者を守られる。私がおとしめられたとき、私をお救いになった。私のたましいよ。おまえの全きいこいに戻れ。主はおまえに、良くしてくださったからだ。まことに、あなたは私のたましいを死から、私の目を涙から、私の足をつまずきから、救い出されました。(詩篇116:1~8)

テレビや新聞の報道で、コロナウイルスのニュースを聞かない日はありません。不安なニュースが多い中、心の中までコロナウイルスに感染されないように気を付けましょう。感染症対策として気を付けることはたくさんありますが、そのことで体も頭もいっぱいになって、人々に対する感謝の気持ちや笑顔のあいさつを忘れてしまっては困ります。世の中の経済の動きが落ち込んでいることも心配ですが、人の心の明るさ、愛情、楽しみを失ってはいけません。緊急事態宣言が解除されて社会が変わっていく今、人間関係がさらに冷たくなると、「命の質」が問われることになります。大切なことを判断するときの基準は、神様の教えです。聖書のお言葉に従って、私たちの生き方の軸を整えていきましょう。

今は社会を動かしながら、コロナウイルスと向き合うことが大事です。人とも会うし、外食や買い物もする。その中で、どこかで誰かが感染するかもしれません。しかし、日本の医療は世界でも誇れる最高の水準です。感染者を差別したりせず、早く癒やされるよう祈り、私たちの本来なすべき仕事、学び、交わりを整え直し、早く幸せな毎日を取り戻すことに力を尽くしたいと思います。今日から私たちの信仰生活を切り替えて、「イエス様と共に歩める人生は幸せです」と宣言しましょう。そして、この2020年の終わりには、いいときも悪いときもあったけれど、思い切りチャレンジしたと振り返れる一年にしたいと思います。

今日の聖書の箇所で、「私は主を愛する」と信仰告白しています。私たちが愛し、求め、従う神様は、どのような神様なのでしょうか。

1. 語り合ってくださる神様

クリスチャンの信仰は、信心や宗教観でなんとなく平安があるというのではありません。目の前に救い主イエス・キリストがおられます。独り相撲や独り芝居ではなく、神様に聞き、神様が語られる、交わりのあるやりとりであることを忘れてはなりません。

2. 助けを求めることができる神様

苦しみや不安、恐怖の中にあるときにこそ、神様に祈りましょう。確かに人間である私たちは弱いです。しかし、弱いときにこそ、神様の力を頂いて強いのです。立ち上がれない、祈れないようなときにも、神様を呼び求めましょう。祈るときは、完成されたきれいな言葉ではなく、正直に祈りましょう。神は「苦しむときにそこにある助け」なのですから。

3. 常によきものを与えてくださる神様

「困ったときの神頼み」の神様ではなく、私たちが信じる神様は、常に私たちに寄り添って助けてくださり、恵みと祝福を与えてくださる神様であることを感謝しましょう。聖書の神様は、愛と恵みの神様です。無から有を生み出される創造の神様です。

4. 実体験からの救いを告白できる神様

私たちは、イエス様と出会って救われた者です。涙とつまずきから助け出されて、今の私たちがあります。神様からの救いを実体験している者として歩んでまいりましょう。理論や実現しない約束や計画ではなく、すでに十字架上で死んでくださったイエス様の愛と救いを心から感謝しましょう。

万代栄嗣

万代栄嗣(まんだい・えいじ)

松山福音センターの牧師として、全国各地、そして海外へと飛び回る多忙な毎日。そのなかでも宗教を超えた各種講演を積極的に行っている。国内では松山を中心に、福岡、鹿児島、東京、神戸、広島、高松にて主任牧師として活動中。キリスト教界のなかでも、新進気鋭の牧師・伝道者として、注目の的。各種講演会では、牧師としての人間観、ノイローゼのカウンセリングの経験、留学体験などを土台に、真に満足できる生き方の秘訣について、大胆に語り続けている。講演内容も、自己啓発、生きがい論、目標設定、人間関係など多岐にわたる。

また、自らがリーダー、そしてボーカルを務める『がんばるばんど』の活動を通し、人生に対する前向きで積極的な姿勢を歌によって伝え続け、幅広い年齢層に支持されている。国外では、インド、東南アジア、ブラジル等を中心に伝道活動や、神学校の教師として活躍している。

関連タグ:万代栄嗣詩編

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース