なたで切り付けられ3歳少女ら10人死亡、フラニ族襲撃 ナイジェリア

2020年6月10日07時45分 印刷
+妊婦含めキリスト教徒32人惨殺 フラニ族が新型コロナで封鎖中の村襲撃
フラニ族の過激派に襲撃された村の家々(写真:ワールド・ウォッチ・モニター)※ 写真は、記事とは別の襲撃に関するものです。

ナイジェリア中北部カドゥナ州で3日、キリスト教徒の村がフラニ族の武装グループに襲われ、3歳の少女を含む10人がなたで切り付けられるなどして死亡した。

英キリスト教団体「世界キリスト教連帯」(CSW、英語)によると、襲撃を受けたのは同州中南部カジュルにあるトゥダンアグワル村。襲撃は朝5時ごろあり、エリザベス・サマイラちゃん(3)は、頭をなたで数カ所切り付けられ、翌4日に搬送先の病院で亡くなった。この他、同じくなたで切り付けられるなどして9人が死亡。襲撃ではさらに、頭部を負傷したリタ・フライデーちゃん(8)を含む複数人の負傷者が出、7人が行方不明となっている。

同州南部では、イスラム教徒主体の遊牧民であるフラニ族が、キリスト教徒の村々を相次いで襲撃している。ナイジェリアのアダラ開発協会(ADA)によると、同州では今年1月1日から5月22日までの間に、63件の襲撃事件または誘拐事件が発生し、107人が死亡、49人が負傷、66人以上の男女が身代金目的で誘拐された。また襲撃により、家屋111棟が全焼し、32の村が完全に破壊された。これらの襲撃による避難者は約2万人に上る。

ナイジェリアでは3月末から新型コロナウイルスの感染防止のためロックダウン(都市封鎖)措置が取られているが、こうした襲撃はそれにかかわらず発生しているという。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース