妊婦含めキリスト教徒32人惨殺 フラニ族が新型コロナで封鎖中の村襲撃

2020年4月15日22時59分 印刷
+妊婦含めキリスト教徒32人惨殺 フラニ族が新型コロナで封鎖中の村襲撃
フラニ族の過激派に襲撃された村の家々(写真:ワールド・ウォッチ・モニター)※ 写真は、記事とは別の襲撃に関するものです。

ナイジェリア中部の複数の村が武装勢力に襲撃され、キリスト教徒少なくとも32人が死亡した。村は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため封鎖中で、自宅に留まっていた人々を狙った犯行とみられている。

キリスト教迫害監視団体「英国オープン・ドアーズ」(英語)によると、襲撃は首都アブジャ北部の2州で発生した。犠牲者の中には、妊婦もいたという。

中東部プラトー州アンチャでは1日、フラニ族の過激派が夜襲を行い、3人が死亡、数人が重傷を負った。襲撃を受けたのはキリスト教徒の村で、過激派は少なくとも17軒の民家に放火し、多くの人が住む家を失った。

また3月30日には、プラトー州とカドゥナ州で複数の村が襲撃され、少なくともキリスト教徒10人が殺害された。これらの襲撃は、新型コロナウイルスのパンデミックにより、多くの村人が自宅に留まっている中で起きた。犠牲者は1週間で、少なくとも32人に上った。

「今回の襲撃は、村の封鎖中に自宅にいた無防備な住民に対する、時期を狙った残虐な犯行です」と、オープン・ドアーズの地域広報担当者ジョー・ニューハウス氏は語った。

「感染拡大防止のための封鎖中であっても、政府はナイジェリア人全員の安全を確保し、このような襲撃が野放しにされている状態に対処する必要があります」

「新型コロナウイルスのパンデミックのため自宅に留まるのであれば、国民には、このような悲惨な襲撃から守られるという安心感が必要です」

アンチャの指導者であるスナイ・アブドゥル氏は、襲撃者は車だけでなく、家屋も無作為に焼いたと語った。「非常に多く(の襲撃者)がいて、抵抗できる者は一人もいませんでした」

アンチャの別の指導者であるヌフ・ヌカリ氏は、治安当局に対する怒りをあらわにし、「(流血は)防げたはずだ」と声を震わせた。「村人がこのような悪事を受けざるを得ないようなことをしたのでしょうか」とヌカリ氏。「村人たちは懸命に治安当局に(こうした襲撃を)警戒するよう求めましたが、当局は腰を上げませんでした」と訴えた。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース