ナイジェリアで500万人が行進、キリスト教徒に対する迫害に抗議

2020年2月12日23時53分 印刷
+ナイジェリアで500万人が行進、キリスト教徒に対する迫害に抗議
迫害に抗議し行進するナイジェリアのキリスト教徒ら(写真:ナイジェリア・キリスト教協会=CAN)

イスラム過激派組織「ボコ・ハラム」が、ナイジェリア・キリスト教協会(CAN)ミチカ地区議長のラワン・アンディミ牧師を拉致・殺害したことを受け、キリスト教徒に対する迫害に抗議する行進が2日、ナイジェリア全36州のうち28州で行われた。行進には計約500万人が参加し、怒りの矛先は、相次ぐ拉致・殺害事件をくい止められない政府にも向けられた。欧州の福音派メディア「エバンジェリカル・フォーカス」(英語)が5日報じた。

行進は、CANの呼び掛けで行われた3日間の断食の最終日に行われた。参加者は、「ナイジェリアはみんなのもの」「ナイジェリアのキリスト教徒は攻撃されている。ブハリ大統領は今すぐ行動を」「この虐殺を止めよ」などと書かれた横断幕や紙を掲げて行進した。

ナイジェリアの一般紙「デイリー・ポスト」(英語)によると、CANエキティ州議長であるカトリック司祭のピーター・オロウォラフェ神父は、行進の参加者に向け、ナイジェリアのキリスト教徒を取り巻く状況は耐えられないほどのものだと述べ、現状を嘆いた。

オロウォラフェ神父は、同国で繰り返される殺りくに怒りを表明するため、全国規模で行われたこの平和的な抗議活動に参加したことを説明。オアンディミ牧師だけでなく、アダマワ州の自宅で銃殺されたルーテル派のデニス・バガウリ牧師や、ボルノ州で過激派組織「イスラム国西アフリカ州」(ISWAP)に斬首されたキリスト教徒11人など、他にも多くの犠牲者がいることを訴えた。

CANの指導者らは、これらの事件に怒りを示すとともに、同国の安全保障をめぐる協議を抜本的に改革し、特定の宗教や一部の地域に利権を独占させないよう、ムハンマド・ブハリ大統領に求めた。また、フラニ族の圧力団体「ミエッティ・アラー」をテロ組織に指定するようにも要求。フラニ族はイスラム教徒を主体とする遊牧民で、キリスト教徒主体の農民を度々襲撃しており、ナイジェリアのキリスト教徒にとってはボコ・ハラムに並ぶ脅威となっている。

CANはこのほか、2018年にボコ・ハラムに拉致された110人の女子生徒のうち、イスラム教への改宗を拒否したことで現在も唯一拘束されているとされるレア・シャリブさんを含め、過激派に身柄を拘束されているすべてのキリスト教徒の解放に向け、政府が全力で取り組むよう求めた。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース