イスラム過激派の少年兵、キリスト教徒の大学生を処刑 ISが映像公開

2020年1月28日22時46分 印刷
+イスラム過激派の少年兵、キリスト教徒の大学生を処刑 ISが映像公開
キリスト教徒の大学生ラプビル・ダシア・ダレプさんを前に拳銃を持って立つイスラム過激派の少年兵(画像:アマク通信が公開した映像より)

ナイジェリアでイスラム過激派の少年兵が、キリスト教徒の大学生ラプビル・ダシア・ダレプさん(22)を処刑した。過激派組織「イスラム国」(IS)系のアマク通信が20日、処刑の様子を映した映像を公開した。

少年兵は、ISに忠誠を誓うナイジェリアの武装勢力「イスラム国西アフリカ州」(ISWAP)に所属しているという。ダレプさんは、同国中東部プラトー州パンクシン地区の出身で、北東部ボルノ州のマイドゥグリ大学に通っていた。

キリスト教迫害監視団体「世界キリスト教連帯」(CSW、英語)によると、映像ではマスク姿の少年兵がカメラに向かって語り、ダレプさんの殺害はキリスト教徒が犯した「流血」に対する報復だとしている。

「特にこいつはプラトー州出身のキリスト教徒だ」

「僕らはキリスト教徒たちに告げる。お前たちが僕らの親や先祖に何をしたか覚えておけ。世界中のすべてのキリスト教徒に告げる。僕らは忘れないし、(報復を)やめない」

「このように行われた流血に報復しなければならない」

ダレプさんはクリスマス休暇の後、生物学の研究を続けるため大学に戻ったところ、今月9日に拉致されたという。

CSWによると、少年兵はダレプさんの頭を銃で撃って処刑した。

ダレプさんの処刑映像が公開された20日には、同国北東部アダマワ州で今月初めに拉致されたナイジェリア・キリスト教協会(CAN)地域議長のラワン・アンディミ牧師も、別のイスラム過激派組織「ボコ・ハラム」に殺害されている。(関連記事:ボコ・ハラム、拉致した牧師を斬首 WEA、WCCが祈りの呼び掛けや非難のコメント

CSWのメルビン・トーマス最高責任者(CEO)は、ナイジェリア政府は同国の治安問題に「より積極的に」対処する必要があるとし、次のように述べた。

「CSWはナイジェリア北部と中部のキリスト教徒に対する暴力の報告に深く憂慮し、悲しんでいます。彼らは多数の武装集団に包囲されています」

「治安の悪化が続いていることは、軍事戦略の再調整の緊急性を明示しています。治安部隊は十分な装備を確保し、信条や民族とは無関係に、あらゆる武力的脅威と戦い、すべての市民を守るべきです」

ISWAPは、2016年にボコ・ハラムから分裂した組織。昨年12月26日にも、キリスト教徒11人を処刑する映像を公開している。(関連記事:IS系勢力、キリスト教徒11人の処刑映像公開 指導者殺害への「報復」

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナの最新ニュース
国内外の発生状況
4月9日午後11時更新、( )内は前日比
日本世界
感染者数 5,538
(+568)
1,502,618
死者数 108
(+3)
89,733
回復者数 685
(+53)
337,074
<出典> 日本:JX通信社、世界:John Hopkins CSSE
※日本の数はクルーズ船乗員・乗客を除く

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース