カメルーンの聖書翻訳者、自宅で殺害される フラニ族の犯行か

2019年11月6日16時25分 印刷
+カメルーンの聖書翻訳者、自宅で殺害される フラニ族の犯行か
10月20日にカメルーン西部のワム地区にある自宅で殺害された聖書翻訳者のベンジャミン・テム氏(写真:アゲム語聖書翻訳プロジェクト)

カメルーンで現地時間10月20日夜、聖書翻訳者がフラニ族の過激派と見られる集団に自宅で殺害された。同国では2カ月前にも聖書翻訳者が殺害される事件が起きている。

宣教団体「オアシス・ネットワーク・フォー・コミュニティー・トランスフォーメーション」の責任者で活動家でもあるエフィ・テンボン氏によると、殺害されたのは聖書翻訳者のベンジャミン・テム氏(48)。同国西部のワム地区にある自宅で殺害されたという。

テム氏は、2016年に新約聖書の翻訳を完成させた「アゲム語聖書翻訳プロジェクト」の一員で、ワム地区では聖書の朗読会も推進していた。テム氏には5人の子どもがおり、葬儀は21日に執り行われた。

容疑者は今のところ不明だが、地元の住民はフラニ族の過激派を非難している。政府関係者らがイスラム教徒のフラニ族をたきつけて、分離主義を支持するキリスト教徒の農民を襲撃させたとしている。

アフリカでは牛を放牧する土地の権利をめぐって、イスラム教徒の遊牧民が主体のフラニ族と、キリスト教徒の農民が衝突している。

「テム氏は昨夜、政府を支持するフラニ族の遊牧民と思しき者たちに襲撃されました。襲撃者らはテム氏を虐殺し、喉を切りました」とテンボン氏はフェイスブックに投稿した。

テム氏が殺害される2カ月前には、同じくワム地区でアゲム語聖書翻訳プロジェクトに関わっていた聖書翻訳者のアンガス・ファン氏が、自宅で殺害されている。テンボン氏によると、フラニ族はこれまでワム地区だけで少なくとも24人を殺害し、幾つかの家屋に放火するなどしている。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース