試練の中でも学ぶべき事柄 万代栄嗣

2020年5月11日17時09分 コラムニスト : 万代栄嗣 印刷

私たちは、非常に激しい、耐えられないほどの圧迫を受け・・・心の中で死を覚悟しました。これは・・・自分自身を頼まず、死者をよみがえらせてくださる神により頼む者となるためでした。ところが神は・・・大きな死の危険から、私たちを救い出してくださいました。・・・なおも救い出してくださるという望みを、私たちはこの神に置いているのです。あなたがたも祈りによって、私たちを助けて協力してくださるでしょう。それは、多くの人々の祈りにより私たちに与えられた恵みについて、・・・人々が感謝をささげるようになるためです。(2コリント1:8~11)

自然界は新緑が目にまぶしく、神様からの命にあふれています。一方、世の中は毎日コロナウイルスの話題でいっぱいです。私たちの日常生活にも、さまざまな影響が出ています。人生を歩んでいく上で多少の苦しいこと、つらいことはあります。だからといって、その中で打ちひしがれてしまうのではなく、命を与えてくださる神様が、弱い私たちに聖書の約束と恵みを与えてくださっているということを知りましょう。困難と不自由な生活の中にあっても、心に平安が与えられ、肉体には癒やしの力を頂きましょう。

聖書に出てくる信仰者たちにも、人生の試練はたくさんありました。彼らはその試練の時ごとに、信仰によって勝利を得てきました。彼らの生き方が、私たちの模範であり、祝福のカギとなっているのです。「あなたがたを耐えることのできないような試練に会わせるようなことはなさいません。むしろ、耐えることのできるように、試練とともに、脱出の道も備えてくださいます」(1コリント10:13)。試練の中で勝利する秘訣を学びましょう。

1. 神様により頼む者になる

イエス様を信じているのに、ここぞという時に信仰を働かせなかったら、何のための信仰でしょう。この非常時に、信仰のスイッチを入れて聖霊のエネルギーを頂き、救い主イエスにより頼む者になりましょう。パウロは伝道旅行の行く先々で、あらゆる苦しみに遭いました。ついに死を覚悟したその時に、神様の法則を学んだといいます(9節)。どんな苦しみやピンチの中にあっても、主は共におられます。心が恐れに支配されないように注意しましょう。世の中のノウハウや自分のやり方がだめであっても、主なる神様により頼みましょう。不安があるなら、主に祈りましょう。

2. 神様が助けてくださった事実を忘れない

パウロはどんな苦しみに遭っても、自分が体験した神様の恵みを忘れないで告白しました。私たちも、これまで交通事故や病気、経済的な困難やさまざまな悩みから神様に助けられたことがあるでしょう。神様から受けた恵みを告白することを忘れてはなりません。私たちが信じる神様は、今も生きて働かれる神様です。私たちを救い、癒やし、助け導いて祝福し、永遠の命まで約束してくださっています。

3. 神様の変わらぬ守りを断言する

今、ここまで守ってくださった神様は、これからも私たちを守ってくださいます。神様の御業は断片的なものではなく、いつまでも続く恵みのシリーズです。パウロのように、「神様は将来も救い出してくださいます」と、断言しましょう。学者でも、完全な者でもない私たちが、何者として言葉を使うのでしょう。私たちは、クリスチャンとして、神の言葉を語りましょう。神の言葉を、遠慮なく肯定的に断言するのです。

4. 神様の恵みと祝福を拡散する

イエス様の十字架の恵みにあずかりましょう。私たちが守られているとき、周りの人々にも恵みが及び、周りの人々まで一緒に神様への感謝が満ちあふれるようになります。クリスチャンである私たちは、周りの人々と平安を分かち合っていきましょう。喜びを拡散しましょう。

万代栄嗣

万代栄嗣(まんだい・えいじ)

松山福音センターの牧師として、全国各地、そして海外へと飛び回る多忙な毎日。そのなかでも宗教を超えた各種講演を積極的に行っている。国内では松山を中心に、福岡、鹿児島、東京、神戸、広島、高松にて主任牧師として活動中。キリスト教界のなかでも、新進気鋭の牧師・伝道者として、注目の的。各種講演会では、牧師としての人間観、ノイローゼのカウンセリングの経験、留学体験などを土台に、真に満足できる生き方の秘訣について、大胆に語り続けている。講演内容も、自己啓発、生きがい論、目標設定、人間関係など多岐にわたる。

また、自らがリーダー、そしてボーカルを務める『がんばるばんど』の活動を通し、人生に対する前向きで積極的な姿勢を歌によって伝え続け、幅広い年齢層に支持されている。国外では、インド、東南アジア、ブラジル等を中心に伝道活動や、神学校の教師として活躍している。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース