反キリスト的だが、キリスト者として避けられない問題を突き付ける劇薬映画「ジョーカー」

2019年10月10日18時37分 執筆者 : 青木保憲 印刷
+ワーナー・ブラザース映画
映画「ジョーカー」。2019年10月4日から日米で公開中。ワーナー・ブラザース映画配給。

通常、映画を観たら、その感動がなるべく新鮮なうちに、すぐにでもレビューを書きたいと考える。しかし本作「ジョーカー」だけは別だった。決して面白くなかったとか、噴飯ものの内容だったというわけではない。むしろ逆である。

確かに、世界3大映画祭の一つであるベネチア国際映画祭で最高賞の金獅子賞を獲得しただけのことはある。上映時間の約2時間、これでもかというくらいの緊張感がみなぎっているし、一瞬たりとも飽きさせない。私も食い入るようにスクリーンを見入ってしまった。

だが、である。そうだからこそこの映画は劇薬となる。現代のさまざまな不条理や差別、そして社会構造的な歪みを見事に再現している。そして、その暗黒の世界で必死に生きようともがき続ける本作の主人公アーサーの姿は、観る者を共感させるに違いない。一部の富裕層を除いては。

本作は、言わずと知れたアメコミ映画のヴィラン(悪役)を主人公にした、ある種スピンオフ的な作品である。ダークナイト(闇の騎士)と呼ばれるバットマンの宿敵という役どころ。ウルトラマンにとってのバルタン星人、ゴジラにとってもキングギドラのような存在である。

アメコミ映画が子どもの手を離れ、大人の鑑賞にも耐え得るものであることを証明したのは、1989年に公開されたティム・バートン監督の「バットマン」である。その作品で、マイケル・キートン演じる少し根暗なバットマンを徹底的に笑い飛ばし、コケにしたのが、ジャック・ニコルソンが演じたジョーカーであった。その後「バットマン」シリーズは事あるごとに製作され続け、ついに2009年に決定的な金字塔的作品を世に送り出すこととなる。それが、クリストファー・ノーラン監督の「ダークナイト」である。

反キリスト的だが、キリスト者として避けられない問題を突き付ける劇薬映画「ジョーカー」
©2019 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved. TM & ©DC Comics

この作品は、2時間半以上の上映時間にもかかわらず、体感的には1時間半程度にしか感じない傑作である。そしてこの時のバットマンの敵もまた、ジョーカーであった。演じたヒース・レジャーは、ジョーカーになりきるあまり、自らもついに薬物に手を出して、映画公開前に中毒死してしまった。

そして本作「ジョーカー」は、バットマンの宿敵ジョーカーが、どうして誕生したのか、その前日譚(ぜんじつたん)を語る物語だ。これは、ティム・バートン版「バットマン」、クリストファー・ノーラン版「ダークナイト」で守られてきた「ジョーカー像」を打ち破る企画であった。

なぜなら、ジョーカーというキャラクターは、究極の愉快犯であり、その素性は決して分からない故に、不気味かつ魅力的なキャラクターだったからである。しかし本作は、その素性を私たちにさらすことを前提として製作されている。これはおきて破りともいえるし、DC映画(2大アメコミ出版社の一つDCコミックスの作品を基にした映画)が踏襲するリアリティー路線の行き着く先だともいえるだろう。アメコミといえば、マーベル映画(2大アメコミ出版社の一つマーベル・コミックの作品を基にした映画)が世界中で大ヒットしたが、こちらはヒーローの神々しいばかりの輝きを、これでもかと誇張して描き切ることで、人びとの賛同を得た。

反キリスト的だが、キリスト者として避けられない問題を突き付ける劇薬映画「ジョーカー」
©2019 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved. TM & ©DC Comics

一方、DC映画はそうではない。どちらかというと根暗で、真面目で、それでいて観終わったときに決して爽快感は得られない。正義は必ずしもハッピーエンドを生むわけではない、という少しひねくれたメッセージを常に抱え続けてきたといってもいい。

その路線の先にこの「ジョーカー」があるとするなら、ホアキン・フェニックス演じるアーサー(後のジョーカー)は、DC映画の暗黒面を増幅させ、負の感情とメッセージを観客の心にたたき込んでくる作品だといっても過言ではないだろう。

主人公アーサーを取り巻くさまざまな問題は、私たちの現実と地続きである。貧困格差、幼児虐待、障がい者差別など、彼を襲うさまざまな問題は決して他人事ではなく、不特定多数の観客に「あなたもそうでしょ?」と訴え掛けてくるものがある。

反キリスト的だが、キリスト者として避けられない問題を突き付ける劇薬映画「ジョーカー」
©2019 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved. TM & ©DC Comics

アーサーがどうしてジョーカーになったのか――。その究極の問いに対する答えは、彼がニヒリズム(虚無主義)を体現することを選択したからである。ニヒリズムとは、哲学者ニーチェが主に言及しているが、すべての行為、活動は無に帰すという考えで、達観した者だけが辿り着く、究極の思想である(そう表現すると、すでにニヒリズムではないが・・・)。

映画の中で、このニヒリズムのヒーローは人々に担ぎ出され、まるでキリストのようにあがめられるようになっていく。これこそ、聖書が語る「反キリスト」の姿である。そして恐ろしいことに、ジョーカーになる前のアーサーを知っている私たちは、この「反キリスト」の誕生を、心の中のどこかで喜んでいる自分がいないかと思わされるのである。

これは危険な思想であり、考え方である。人々から慕われ、受け入れられ、まるで「救い主」のようにあがめられるジョーカー。実はこの映画はそんな退廃的な、反キリスト的な悪の魅力に満ちている。同時に、キリスト教が「全人類の救い」を訴えるなら決して避けては通れない問題を真正面から描いており、多くのキリスト者に挑戦状を突き付ける作品ともいえよう。

反キリスト的だが、キリスト者として避けられない問題を突き付ける劇薬映画「ジョーカー」
©2019 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved. TM & ©DC Comics

本当に聖書が語る「救い」は、貧困にあえぐ人々に届けられているのか?

神が定めた「十戒」にある「父母を敬え」は、現代においてもすべての人に通用する戒めなのか?

アーサーの場合も、この教えを当てはめることは可能なのか?

障がいのあるアーサーをさげすみ、半ば尊厳を踏みにじるような行為をしたエリートたちに、神は本当に「裁き」を与えるつもりがあるのか?

映画が突き付けてくる問いはこのようなものだ。この問いに向き合う覚悟が、私たちにあるだろうか。しかし、それらの問いに真正面から向き合わないとするなら、「全人類の救い」のために来られたイエス・キリストが私たちに与えた「大宣教命令」は成し得ないことになる。

そうであるなら、ある程度の見識と神学的知識、そして経験に裏打ちされた牧師、教会指導者たちは、この映画を鑑賞し、目の前の人々を「ジョーカー」にしない、させないために何をすべきかを真剣に話し合う機会を持たなければならないだろう。

反キリスト的だが、キリスト者として避けられない問題を突き付ける劇薬映画「ジョーカー」
©2019 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved. TM & ©DC Comics

2019年、これほどの劇薬映画はない。万人受けする映画では決してない。しかしこの存在が世に知れ渡ってしまった以上、私たちキリスト者は避けては通れない。

一人でも多くの人に、とはいかないが、ある程度耐性を持ったクリスチャン、そして教会指導者たちは鑑賞し、そこで感じたことを話し合う機会を持つべきだろう。

本作は「現在、最もアカデミー賞に近い作品」といわれている。しかし、もしアカデミー賞が万人受けする最も有効なツールであるとしたら、本作は鑑賞する人を選ぶ作品であるが故に、できることならアカデミー賞を「取ってほしくない」最高の映画である。

■ 映画「ジョーカー」予告編

映画「ジョーカー」公式サイト

青木保憲

青木保憲(あおき・やすのり)

1968年愛知県生まれ。愛知教育大学大学院を卒業後、小学校教員を経て牧師を志し、アンデレ宣教神学院へ進む。その後、京都大学教育学研究科卒(修士)、同志社大学大学院神学研究科卒(神学博士、2011年)。グレース宣教会研修牧師。東日本大震災の復興を願って来日するナッシュビルのクライストチャーチ・クワイアと交流を深める。映画と教会での説教をこよなく愛する。聖書と「スターウォーズ」が座右の銘。一男二女の父。著書に『アメリカ福音派の歴史』(2012年、明石書店)。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

映画「種をまく人」に見る「はかなくも確かな希望」

ドニー・マクラーキンが60歳誕生日コンサート、カーク・フランクリンら大物ゴスペルアーティストが大集結!

スコセッシ監督のマフィア映画集大成「アイリッシュマン」 組織人にとっての「幸せ」とは?(その2)

スコセッシ監督のマフィア映画集大成「アイリッシュマン」 組織人にとっての「幸せ」とは?(その1)

「愛があなたを待っている」 タイの孤児たちに愛を届け続けて11年、ゴスペル歌手の市岡裕子さん

映画「影踏み」 双子という特殊な世界に招かれた男の数奇な運命

「聴くドラマ聖書」アプリが正式リリース 大和田伸也、井上芳雄、つるの剛士ら出演俳優が思い語る

カニエ・ウェストの最新アルバム「ジーザス・イズ・キング」、ビルボード初登場1位 9作連続で歴代最多タイに

ルカ福音書の例話がモチーフ、映画「種をまく人」 障がい者のいる家族の葛藤の先に見える希望

教皇来日のテーマソング公開 嵐、KAT-TUNの楽曲手掛けた井上純さんが作詞・作曲

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース