救世軍、7月からガボン共和国で正式始動 129番目の活動国・地域に

2018年5月18日10時46分 印刷
関連タグ:救世軍ガボン
+救世軍、7月からガボン共和国で正式始動 129番目の活動国・地域に
西アフリカに位置するガボン共和国。北西に赤道ギニア、北にカメルーン、南と東にコンゴ共和国と国境を接する。

日本の救世軍は15日、西アフリカのガボン共和国でこの7月から、救世軍の活動が正式に開始されることを発表した。救世軍は世界各地でプロテスタント教会として、また慈善団体として活動しており、ガボンは救世軍が活動する129番目の国・地域となる。

救世軍の世界本部「万国本営」(ロンドン)の発表(英語)によると、ガボンでの活動は2005年から、隣接するコンゴ共和国地域の救世軍の監督の下、検討されてきた。同国で正式に活動するための法的手続きに時間を要し、今年初めに救世軍の最高指導者であるアンドレ・コックス大将が活動開始を承認。ガボン政府も救世軍側の条件に同意したことから、正式に活動を開始することになった。

3年間の運営予算はすでに承認されており、コンゴ共和国地域のゾラ・アレクシス大尉と妻のイルマ大尉が、ガボンでの活動の責任を負う。

また7月1日には首都リーブルビルで、アフリカ地域担当万国書記官のベンジャミン・ムヤンピ中将と、同地域担当女性部書記官のグレース・ムヤンピ中将が記念の式典を執り行う。

救世軍、7月からガボン共和国で正式始動 129番目の活動国・地域
ガボン共和国の首都リーブルビル=2013年(写真:Bajan28)

ガボンは人口200万人に満たない小国で、面積は日本の約3分の2。19世紀にフランスの植民地となり、1960年に独立。旧宗主国のフランスの影響もあり、カトリック教徒が多数派を占める。米国務省の「信仰の自由に関する国際報告書」(2016年版、英語)によると、キリスト教徒は推計で人口の約8割。そのうち3分の2がカトリックで、残りがプロテスタント。イスラム教徒は1割程度で、残り1割がアニミズムやいずれの宗教にも該当しない人々。

関連タグ:救世軍ガボン

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース