米フラー神学校、入学者減で一部キャンパス閉鎖へ オンライン受講は急増

2017年7月24日10時05分 印刷
+フラー神学校
(写真:Bobak HaEri)

米国の中心的な福音派神学機関であるフラー神学校が、入学者の減少により、一部の地方キャンパスを閉鎖する。その一方で、オンラインで授業を受ける学生はこの数年で急増し、最近ではオンラインのみで1年に6500人近い入学者が与えられている。

キャンパスの一部閉鎖の知らせは17日、卒業生宛の電子メール(英語)で発表された。フラー神学校は、ロサンゼルスに隣接するパサデナにメインキャンパスを置き、それ以外にも7つの地方キャンパスを持つ。このうち、北西部(ワシントン州シアトル)、ベイエリア(カリフォルニア州メンローパーク)、オレンジ郡(同州アーバイン)の3つキャンパスを閉鎖する。また、アリゾナ・キャンパス(アリゾナ州フェニックス)では、牧会学修士(MDiv)、神学修士(MAT)、神学宣教学修士(MATM)、 異文化研究修士(MAICS)の学位プログラムを廃止する。

一方、オンラインによる遠隔学習の発展は著しい。最近では、1年に260コースをオンラインで提供し、入学者はオンラインのみで6500人に上る。オンライン入学者の増加と、地方キャンパスの入学者の減少について、ジョエル・グリーン学務部長は、次のように述べている。

「オンライン入学者の大幅な増加は、地方キャンパスの入学者の減少と対応しています。一例を挙げると、冬学期では2013年〜17年の間に、オンライン入学者は50パーセント近く増えましたが、地方キャンパスの入学者は30パーセント減りました」

「この地方キャンパスからオンラインへの移行は、ある課題をもたらします。その中で最も重大なことは、私たちの幾つかの地方キャンパスにおいて、真の学習コミュニティーを育成するのに十分な学生を集めるのが難しくなっていることです。この困難は、地方キャンパスの財政的持続可能性に悪影響を与えました」

マーク・ラバートン学長は、「新しい出発に向けて改革を行っている」とする一方、フラー神学校の指導層は、キャンパスの一部閉鎖について「喪失感」を感じ、悲しんでいることを明かした。

「すべての人がオンラインのコースのみを好んでいるわけではない、ということを認識するのは重要なことです。地方キャンパスは、単に教室がある場所ではないということも大切なことです。(各地で築いてきた)友好関係と宣教団体との協力は、私たちの地方キャンパスの働きのかけがえのない一部です。これは、各キャンパスの閉鎖をさらに痛ましいものとするものです」

3つの地方キャンパスの閉鎖と、アリゾナ・キャンパスの学位プログラムの一部廃止については現在、神学校協会(ATS)の承認を待っている状態だが、承認されれば2019年9月30日から発効される。その後は、パサデナ、テキサス(同州ヒューストン)、フェニックス、コロラド(同州コロラドスプリングス)の4つのキャンパスとオンラインで授業を提供することになる。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナの最新ニュース
国内外の発生状況
4月10日午後6時更新、( )内は前日の増減数
日本世界
感染者数 5,708
(+511)
1,605,548
(+82,837)
死者数 110
(+4)
95,808
(+6,287)
回復者数 685
(+53)
356,161
(+19,087)
<出典> 日本:JX通信社, 厚労省 世界:JH CSSE, WHO
※日本の数はクルーズ船乗員・乗客を除く

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース