ペルシャ語のマンガ聖書が完成、中東難民へ向けトルコに発送

2017年6月3日06時45分 執筆者 : 新生宣教団 印刷
+ペルシャ語のマンガ聖書が完成、中東難民へ向けトルコに発送
ペルシャ語のマンガ聖書『マンガ メサイア』

言語使用者1億人以上 ペルシャ語の『マンガ メサイア』完成

イランやアフガニスタンを中心に中東で話されているペルシャ語によるマンガ聖書『マンガ メサイア』がついに完成し、この春、トルコに向けて発送された。ペルシャ語の使用者は1億人以上ともいわれ、トルコ国内に避難している中東難民に配布される予定だ。

ペルシャ語を使用する地域には、イスラム教徒が多く居住しているが、近年最もリバイバルが進む国の1つが、ペルシャ語を公用語としているイランだといわれている。今日、イランやアフガニスタンを中心に中東から欧州に避難してきた各国の難民への宣教は大きな関心を集めており、イスラム教徒に対する伝道の大切な足場として、トルコでの活動が活発になっている。

このような状況の中、新生宣教団(埼玉県鳩山町)は協力団体と共にトルコ語をはじめアラビア語、ペルシャ語のマンガ聖書の制作に取り組んできた。トルコ語、アラビア語の『マンガ メサイア』はすでに完成しており、アラビア語の『マンガ メサイア』については15年10月に2万5千冊が中東に送られている。

ペルシャ語の『マンガ メサイア』は、昨年から新生宣教団をはじめ各団体が急ピッチで制作。今年4月10日に、1万7400冊がトルコ行きのコンテナに積載された。他にもアラビア語の『マンガ メサイア』2万7千冊とアラビア語の旧新約聖書1万3千冊が積み込まれ、職員の祈りと共に出荷された。これらの聖書やマンガ聖書は5月末にイスタンブールに到着した後、シリアやイラク、アフガニスタンの難民に配布される予定だ。

ペルシャ語のマンガ聖書が完成、中東難民へ向けトルコに発送
桜満開のもと、無事にトルコへ到着し各方面で用いられるよう祈った。

各言語で進む『マンガ メサイア』の制作

迫害や内戦、貧困などで聖書が入手困難な地域へ御言葉を届ける働きを行っている新生宣教団は、世界が認める日本の文化「漫画(マンガ)」の影響力に注目し、約10年前からマンガ聖書の制作を行っている。2006年に1巻目となる『マンガ メサイア』を完成させ、その後、旧新約聖書を全5巻にまとめた。

ペルシャ語のマンガ聖書が完成、中東難民へ向けトルコに発送
ペルシャ語を使う国々

『マンガ メサイア』は新約1巻目のマンガ聖書で、これまでに29言語に翻訳されている。現在も各言語での制作が進んでおり、イスラエルの公用語であるヘブライ語、アフリカ東岸部で広く使われているスワヒリ語、インドで最も多くの人に話されているヒンズー語、インド西部のマハーラーシュートラ州の公用語で、使用者は約9千万人といわれているマラティ語、ナイジェリア各地や周辺諸国で話されているハウザ語、チェコ人や北米のチェコ系住民の間で使われているチェコ語などで制作が行われている。

この働きは多くの人々からの支援によって支えられており、新生宣教団は「さまざまな支援の方法がありますが、ぜひこのような活動のために覚えてお祈りください。あらゆる災いから守られ作業がスムースに進むよう、特に、最初の工程に携わる翻訳者のためにお祈りください」と求めている。新生宣教団のマンガプロジェクトに関する詳細はこちら

※この記事は新生宣教団の提供記事です。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

代々木公園のホームレス伝道「通路チャペル」 ココロケアの働き

「神の御心に歩む道こそ、人生で最善の道」 第55回大阪ケズィック

イスラエル建国記念式典に日本のクリスチャン音楽家約40人が出演へ 決起集会に850人

リバイバルの鍵は「ディボーション」と「分かち合い」 台湾で急成長する12教会を視察

「オリンピックは宣教の好機」 米宣教団体SIMが熊本、宮城に派遣の短期宣教師を募集

hi-b.a. 代表スタッフが語る「次世代への信仰継承」 断食祈祷聖会(1)

「せかゆる」現象に見る現代キリスト教伝道事情:上馬キリスト教会のMAROさんが再び同志社大にやって来た!(2)

「せかゆる」現象に見る現代キリスト教伝道事情:上馬キリスト教会のMAROさんが再び同志社大にやって来た!(1)

日本の「キリスト教系」信者は192万人、2019年版『宗教年鑑』発表

YWAM東京の実践的伝道セミナー「ミリオンライツ」(後編)祖父と同じ地で受けた伝道への召命

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース