新生宣教団がマンガプロジェクト報告 ウガンダ駐日大使「アフリカ全域での宣教にとても有用」

2016年9月22日22時59分 記者 : 新庄れい麻 印刷
+新生宣教団がマンガプロジェクト報告 ウガンダ駐日大使「アフリカ全域での宣教にとても有用」
ベティ・グレース・アケチ=オクロ駐日ウガンダ特命全権大使(中央左)と新生宣教団の岩岡稔員(としかず)総主事(中央右)(写真:新生宣教団提供)

世界各地で文書伝道に取り組んでいる新生宣教団(埼玉県比企郡)の岩岡稔員(としかず)総主事をはじめとするスタッフは16日、駐日ウガンダ大使館(東京都渋谷区)を訪問してベティ・グレース・アケチ=オクロ駐日特命全権大使と面会し、ウガンダで展開している「マンガプロジェクト」の報告を行った。

同団体は2008年に「マンガプロジェクトウガンダ」を立ち上げ、これまでに5回にわたってマンガ「メサイア」と小冊子「ザ・メサイア」の計140万5千冊をウガンダに届けてきた。14年の発送時には、同団体本部でアケチ=オクロ大使を迎えた盛大な出発式も開催された。日本生まれのマンガを通して聖書の福音と希望が届けられることに、大使は大きな喜びを見せた。

ウガンダは人口の約84パーセントがクリスチャンで、学校においても聖書を用いた教育が積極的に行われている。新約聖書の福音書がベースとなっているマンガ「メサイア」は、ウガンダの教会を通して小学校などに配布され、さらにワールド・ビジョン・ウガンダによって、特に貧しい北部にも届けられている。

15年には、日本人宣教師が開拓した南西部ムバララ市でも、教会から地域の幼稚園や小学校に配布され、非常に大きな反響を呼んでいる。現地のスタッフからは「教会学校の子どもたちがこのマンガを読んで、さらに神様のことを知りたいと思うようになっている。そして、神様との正しい関係を築こうとしている」との報告があった。

新生宣教団がマンガプロジェクト報告 ウガンダ駐日大使「アフリカ全域での宣教にとても有用」
新生宣教団のスタッフから、ウガンダにおけるマンガプロジェクトの報告を受けるアケチ=オクロ大使(写真:新生宣教団)

ウガンダにおけるマンガプロジェクトの報告を受けたアケチ=オクロ大使は、「このマンガはとても力があり、文字を理解できなくても絵から内容を理解し、本当の福音と希望を知ることができるので、アフリカの子どもたちにとってとても有用だ」とあらためてプロジェクトの意義を認めた上で、「ウガンダはすでにキリスト教国として成立しているので、今後はアフリカの他の地域での宣教も進んでほしい」とさらなる発展を期待した。

同団体のスタッフは、「アフリカ各国の駐日大使の多くはクリスチャンの方が多いと聞いているので、関わりを広げつつ、民間レベルでの心の支援としてこのマンガプロジェクトをアフリカ各国で進められれば」と語り、「これまでの皆様からの祈りと支援に心から感謝している」とマンガプロジェクトへのさらなる支援を呼び掛けた。

マンガプロジェクトについて詳しくは、新生宣教団のホームぺージ

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

代々木公園のホームレス伝道「通路チャペル」 ココロケアの働き

「神の御心に歩む道こそ、人生で最善の道」 第55回大阪ケズィック

イスラエル建国記念式典に日本のクリスチャン音楽家約40人が出演へ 決起集会に850人

リバイバルの鍵は「ディボーション」と「分かち合い」 台湾で急成長する12教会を視察

「オリンピックは宣教の好機」 米宣教団体SIMが熊本、宮城に派遣の短期宣教師を募集

hi-b.a. 代表スタッフが語る「次世代への信仰継承」 断食祈祷聖会(1)

「せかゆる」現象に見る現代キリスト教伝道事情:上馬キリスト教会のMAROさんが再び同志社大にやって来た!(2)

「せかゆる」現象に見る現代キリスト教伝道事情:上馬キリスト教会のMAROさんが再び同志社大にやって来た!(1)

日本の「キリスト教系」信者は192万人、2019年版『宗教年鑑』発表

YWAM東京の実践的伝道セミナー「ミリオンライツ」(後編)祖父と同じ地で受けた伝道への召命

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース