人生の勝利者となるために 安食弘幸(1)

2014年10月6日11時57分 コラムニスト : 安食弘幸 印刷
関連タグ:安食弘幸

「力の限り、見張って、あなたの心を見守れ。いのちの泉はこれからわく」(箴言4:23)

私たちの人生には何が起こるか予測することはできません。突然、病気や事故や災いに襲われることがあります。まさに人生という舞台に、大きな穴がポッカリと開くような出来事に遭遇することがあります。

そんな時に、ある人は穴を見て絶望し、運命を呪い、悲しみに暮れるのです。またある人は、穴を見て見ないふりをし、現実から逃避しながら生きていきます。

更に別の人は、その穴から穴が開かなければ、決して見ることがなかった新しい世界をしっかり見つめながら歩んでいきます。

私たちの人生は、起こった出来事に左右されるのではなく、起こった出来事に、どう対処するかによって決まるのです。

そのために、私たちの心構えをいつも前向き、肯定的、創造的にしておく必要があります。そのために、三つのことをお勧めします。

(1)前向き、肯定的、創造的なことばを使う

私たち人間は、生まれてから喋り始めるまでに、約8000時間もの間、人の語ることばを聞きます。そして、そのことばの80%以上が後ろ向き、否定的・破壊的なことばだと言われています。従って私たちが語ることばも、自然と80%は「私はダメだ」「それは難しい」「不可能だ」「私には能力もお金も時間もない」などと、すぐに否定的なことばが口から出るものです。ですから、私たちは意識的に肯定的なことばを使う訓練をしなければなりません。

「キミはそれがあるからダメなんだ」と言うより、「キミはそれが直ると言うことなしなんだがね」と言うのです。「それは難しい」と言うより「それはやり甲斐がある」と言うのです。

(2)前向き、肯定的、創造的な人に触れる

「朱に交われば赤くなる」ということわざがあるように、人はいつも一緒にいる人に影響されます。パリの心理学会で一つの研究が発表されました。

テーマは「環境と人格形成」です。

スラム出身者の追跡調査をしたところ、ある年代の者に限って犯罪者が極端に少ないのです。その原因を調べたところ、一人の女性教師の影響力が判明しました。

彼女はスラム地区の中学校の教師でした。毎朝、彼女は「アイラブユー」ということばと暖かなハグを持って自分の生徒たちを迎えたのです。それが生徒たちの心に、消えることのない温もりを残したのです。

(3)前向き、肯定的、創造的なものを描く

私たちの将来は、私たちの心の中にある夢によって決まります。

フロリダのディズニー・ワールドが完成した時、ウォルト・ディズニーはそれを見ずしてこの世を去っていました。ある人が「彼はこの完成を見ることができずに残念だったろうな」と言うと、ディズニーを良く知っている人はこう言いました。

「彼はすでにこれを見ていたのです。見ていたからこそ、今日これがここに完成したのです」

帆船は帆の張り方一つで、順風でも逆風でも前に向かって進むことができます。同じように人生も、心構え一つで決まるのです。

次回へ>>

安食弘幸

安食弘幸(あんじき・ひろゆき)

1951年、島根県出雲生まれ。関西学院大学社会学部卒。大学時代は硬式野球関西六大学リーグの強打者として活躍。関西聖書学院卒。セント・チャールズ大卒。哲学博士。現在、日本キリスト宣教団峰町キリスト教会主任牧師。NHK文化センター「聖書入門講座」「カウンセリング講座」講師、JTJ宣教神学院講師、とちぎテレビ「ゴスペルジェネレーション」の説教者。また、国内外の教会や一般企業、ミッションスクール、病院、福祉施設で講演活動を行っている。

日本キリスト宣教団峰町キリスト教会ホームページ
【安食弘幸著書】(Amazon)
【安食弘幸著書】(イーグレープ)

関連タグ:安食弘幸

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース