教会主催の映画会にこんなのはいかが?

これからのキリスト教映画を語ろう!(3)「スポットライト」の衝撃と「沈黙」への期待と不安

教会主催の映画会にこんなのはいかが?(4)伝道企画としての映画会、その意義を探る 青木保憲

常々感じてきたことだが、教会は聖書の記述によると「キリストの体」であると同時に、同じ信仰を持った人々の共同体である。そして常に外に向かって扉を開く(すなわち、宣教や伝道する)ことが求められている。

2017年11月14日18時58分

牧師の小窓(77)映画「沈黙」を見て4 キチジロウの存在 福江等

教会主催の映画会にこんなのはいかが?(3)大人向け映画会のために 青木保憲

ここでも、映画会を通して人間関係を構築しようとか、1度でも教会の扉をくぐってもらいたいという現実的なニーズを越えて、伝道集会の一環として映画会を実施する場合に限定して映画を厳選した。

2017年11月07日16時49分

競技かるたに青春を燃やす広瀬すずに日本の教会が学ぶべき姿を見た!? 映画「ちはやふる 上の句」

教会主催の映画会にこんなのはいかが?(2)ユース映画会のために 青木保憲

ユースなど、若い世代向けに映画会を企画する場合、どうしても流行を追う必要が出てくる。テレビによく出る俳優が登場するか、作品が話題となっているか、そして内容が現代的(決して現代劇である必要はないが)であるか。このあたりが選考ポイントになる。

2017年10月31日7時35分

映画「沈黙」はクリスチャンにとってどんな意味を持つのか

教会主催の映画会にこんなのはいかが?(1)「優等生」映画からの脱却を 青木保憲

教会が伝道企画として行ってきた王道3大イベントといえば、「コンサート」「英会話」、そして「映画会」だろう。特に映画会は、規制が多いという煩雑さはあるものの、やはり根強い人気を誇ってきたと思う。

2017年10月26日7時07分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース