グーグル

超高解像度で見る「最後の晩餐」 グーグルと英王立芸術院の協力で実現

超高解像度で見る「最後の晩餐」 グーグルと英王立芸術院の協力で実現

米グーグル社と英王立芸術院の協力により、レオナルド・ダビンチの傑作「最後の晩餐」が超高解像度で見ることができるようになった。原画では損傷により見ることのできない細部や、原画では失われてしまったイエスの足の部分なども見ることができる。

2020年06月22日21時39分

新型コロナで祈る人増加、米ではクリスチャンの7割超が収束のために祈り

新型コロナで祈る人増加、米ではクリスチャンの7割超が収束のために祈り

新型コロナウイルスの感染拡大により、世界で多くの人が祈りに導かれている。グーグルの検索結果を75カ国で調査した研究によると、3月には「祈り」に関する検索が急上昇し、この5年で最も多い結果となった。

2020年04月06日13時51分

米でキング牧師記念日、アップル、グーグルもサイトやロゴ変更

米でキング牧師記念日、アップル、グーグルもサイトやロゴ変更

米国は現地時間20日、公民権運動指導者と知られるマーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師(1929~68)を記念する祝日を迎え、アップルやグーグルなど大手企業もサイトやロゴを変更するなどして、その偉業を記念した。

2020年01月21日14時15分

グーグルホーム、イエスに関する質問に回答できず 他の宗教的人物に関する回答も一時停止

グーグルホーム、イエスに関する質問に回答できず 他の宗教的人物に関する回答も一時停止

米グーグル社は、スマートスピーカー「グーグルホーム」がイエス・キリストに関する質問に答えられるよう設計されていなかったことを受け、ブッダやムハンマドなど、他の宗教的人物に関する質問にも答えないよう、プログラムを一時的に変更したと発表した。

2018年02月07日23時54分

米グーグル社、ポルノ・性的描写の顕著な広告を禁止 キリスト教団体が歓迎

米グーグル社、ポルノ・性的描写の顕著な広告を禁止 キリスト教団体が歓迎

米グーグル社は最近、広告主らに対し、今後アダルト産業を推奨する内容の広告は表示しないことを正式に発表した。この動きを、反ポルノのキリスト教系団体「モラリティー・イン・メディア(Morality in Media)」は歓迎をもって受け入れている。

2014年07月08日17時14分

児童ポルノ対策は企業の社会的責任

メディアにおける倫理(MIM)は米グーグルがインターネット上の児童ポルノ関係のURLを排除する動きを見せていることを歓迎している。先月米クリスチャンポスト(CP)が伝えた。

2013年12月10日7時15分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース