グーグルホーム、イエスに関する質問に回答できず 他の宗教的人物に関する回答も一時停止

2018年2月7日23時54分 翻訳者 : 山本正浩 印刷
関連タグ:グーグル
+グーグルホーム、イエスに関する質問に回答できず 他の宗教的人物に関する回答も一時停止
米グーグル社のスマートスピーカー「グーグルホーム」。米国では2016年11月に発売され、日本では17年10月に発売されたばかり。(写真:NDB Photos)

米グーグル社は、同社が開発したスマートスピーカー「グーグルホーム」が、イエス・キリストに関する質問に答えられるよう設計されていなかったことを受け、ブッダやムハンマドなど、他の宗教的人物に関する質問にも答えないよう、回答プログラムを一時的に変更したと発表した。

グーグルホームは、イエス・キリストや神に関する質問にはまったく答えられなかった反面、ブッダやムハンマド、サタンに関しては情報提供するようプログラムされていた。そのことが先月25日、SNS上で問題視されるようになり、キリスト教に対する偏見だとする非難の声まで起こるようになった。これを受け、同社は翌26日、ツイッターで次の声明(英語)を発表した。

「グーグルアシスタント(グーグルホームの人工知能)が、『イエスは誰?』『イエス・キリストは誰?』といった質問に応答しなかった理由は、(キリスト教に対する)軽視ではなく、むしろ配慮から来たものです。グーグルアシスタントの応答の一部はウェブ上の情報から来ますが、特定のトピックスについては、荒らしやスパムに対してより脆弱な面があります。

私たちのシステムがそのような状況を検出した場合、グーグルアシスタントは応答しない可能性があります。他の宗教指導者を含む別の質問で同様の脆弱性が検出された場合も、グーグルアシスタントは応答しないでしょう。私たちは現在、さまざまな解決方法を模索しており、一時的にグーグルアシスタントが宗教的人物に関して回答できないようにしています」

米アマゾン社のスマートスピーカー「アマゾンエコー」も昨年、イエス・キリストについて「架空の人物」などと答えたことで、一時批判されたことがある。

米公共ラジオ局NPRと米エジソンリサーチ社の調査(英語)によると、米国では現在、成人6人に1人(約3900万人)が、グーグルホームやアマゾンエコーのような音声起動型スマートスピーカーを所有しているという。

※この記事はクリスチャンポストの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。
関連タグ:グーグル

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース