超高解像度で見る「最後の晩餐」 グーグルと英王立芸術院の協力で実現

2020年6月22日21時39分 印刷
超高解像度で見る「最後の晩餐」 グーグルと英王立芸術院の協力で実現
グーグル・アーツ&カルチャーで公開されたレオナルド・ダビンチ「最後の晩餐」の模写

米グーグル社と英王立芸術院の協力により、レオナルド・ダビンチの傑作「最後の晩餐」が超高解像度で、インターネット上で誰でも無料で見ることができるようになった。原画では損傷により見ることのできない細部や、原画が描かれた壁の改装工事によって失われてしまったイエスの足の部分なども見ることができる。

ダビンチの「最後の晩餐」は、イエス・キリストが十字架につけられる前、12人の弟子たちと共にした最後の晩餐を題材とした作品。イタリア北部ミラノのサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ修道院の食堂の壁に、1495年から48年までの3年がかりで描かれたとされている。幅約9・1メートル、高さ約4・2メートルの巨大な壁画だ。

今回、超高解像度で公開されたのは、このダビンチの「最後の晩餐」の模写であるジャンピエトリーノ(本名:ジョヴァンニ・ピエトロ・リッツォーリ)による作品。ジャンピエトリーノはダビンチの弟子で、「最後の晩餐」の模写は1515~1520年に制作されたと考えられている。実物より若干小さいが、幅約7・8メートル、高さ約3メートルの大きさ。壁画ではなく、キャンバス地に描かれた油彩画で、英王立芸術院が1821年、当時の芸術作品としては破格の600ギニー(当時の英国通貨)で購入した。

原画は、ダビンチがより写実的な描写を追求して、伝統的なフレスコ技法ではなくテンペラ技法を実験的に取り入れて描いたが、これが災いして耐久性の低い壁画となってしまった。また1652年には、原画が飾られている壁の下側に戸口を付ける改装工事が行われ、ちょうど中央のイエスの足の部分が失われてしまっている。

ジャンピエトリーノの模写はこうした損傷が少なく、イエスの足の部分やユダの裏切りを暗示するとされる倒れた塩入れなどもはっきりと見ることができる。

超高解像度で見る「最後の晩餐」 グーグルと英王立芸術院の協力で実現
ユダ(中央)が塩入れを倒しているのは、その後の裏切りを暗示しているという。(画像:グーグル・アーツ&カルチャーより)

世界80カ国の2千以上の美術館や博物館の作品をアーカイブ化するグーグル社の「グーグル・アーツ&カルチャー」の取り組みの一環。英王立芸術院所有の作品は200以上がアーカイブ化され、「最後の晩餐」を含む20作品が超高解像度で公開されている。

グーグル・アーツ&カルチャー「最後の晩餐」

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース