ビルボード音楽賞2020、カニエ・ウェストがキリスト教系6部門で4冠

2020年10月19日15時47分 印刷
+カニエ・ウェスト、新アルバム「ジーザス・イズ・ボーン」リーリース
レイクウッド教会(米テキサス州ヒューストン)の日曜礼拝で話すカニエ・ウェスト=2019年11月17日(写真:同教会のフェイスブックより)

米ビルボードが主催する音楽賞「ビルボード・ミュージック・アワード(BMA)2020」の受賞者発表式が14日、米ロサンゼルスのドルビー・シアターで開催された。キリスト教関係の6部門では、この1、2年で「Jesus is King」「Jesus is Born」など信仰と関わるアルバムや曲を立て続けにリリースしてきた人気歌手カニエ・ウェストが4冠を達成した。

BMAのキリスト教関係部門は、▽最優秀キリスト教アーティスト賞、▽最優秀キリスト教アルバム賞、▽最優秀キリスト教楽曲賞、▽最優秀ゴスペル・アーティスト賞、▽最優秀ゴスペル・アルバム賞、▽最優秀ゴスペル楽曲賞の6部門。

ウェストはこのうち、ゴスペル3部門すべてと、昨年10月にリリースしたアルバム「Jesus is King」で最優秀キリスト教アルバム賞を受賞した。ビルボード(英語)によると、最優秀キリスト教アルバム賞と最優秀ゴスペル・アルバム賞の同時受賞はウェストが初めてだという。

最優秀キリスト教アーティスト賞はローレン・デイグルが、最優秀キリスト教楽曲賞はオーストラリア出身の男性デュオ「for King & Country」が昨年1月リリースの「God Only Knows」で受賞した。デイグルが最優秀キリスト教アーティスト賞を受賞するのは2017年、19年に続いて3回目。for King & Country は今回がBMA初受賞となった。

ウェストはキリスト教関係の全6部門を含め9部門でノミネートされており、受賞発表後にはツイッターに、神への感謝と受賞を喜ぶコメントを投稿した。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース