同志社大学に爆破予告、被害はなし

2020年8月6日10時07分 印刷
関連タグ:同志社大学

同志社大学は6日、インターネットの掲示板に、同大の各キャンパスの主要構造物を5日午前11時に一斉に爆破するという内容の書き込みがあったことについて、被害はなかったことをホームページで発表した。

同大は爆破予告を受け、学生や教職員らの安全を最優先に考え、5日は終日キャンパスへの立ち入りを原則禁止に。大学施設内の不審物の確認、不審者への警戒、施設周辺の巡回などを行ったが、予告時刻における爆発などの被害はなかったという。

爆破予告の書き込みが明らかになったのは7月31日。同大は、威力業務妨害として警察と連携し、必要な措置を講じていくとしていた。

爆破は、同じ京都市にある立命館大学に対してもほぼ同じ文言で予告されている。立命館大の場合、予告日時は6日午前8時15分から午後8時15分にかけてで、同大はこの日、各キャンパスと附属校各校を閉鎖し、学生や生徒、児童、教職員らの立ち入りを禁止する措置を取っている。

関連タグ:同志社大学

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース