同志社大学

同志社大学の19歳男子学生、ダンスサークルの合宿で死亡 前夜に飲酒

文理融合のリーダー養成プログラム 同志社大が「新島塾」開校

同志社大学が、文理融合の知力を備えた次世代のリーダーを養成しようと、創設者・新島襄の名前を冠した「新島塾」を開校する。2025年の創立150周年に向けて方針をまとめた「同志社大学ビジョン2025」に基づく新たな取り組みの一つだ。

2019年01月29日21時24分

同志社大「厳正に対処」 学生逮捕の報道受け

京都市内の繁華街などで声を掛けた女性を性風俗店にあっせんしたとして、同志社大学の学生を含む男4人が職業安定法違反(有害業務の紹介)の疑いで逮捕されたとの報道を受け、同大は23日、事実関係を早急に確認し、厳正に対処するとのコメントを発表した。

2019年01月24日13時27分

同志社大で「TEDx」初開催 青木保憲牧師が登壇「信じられる自分をつくる方法」

同志社大で「TEDx」初開催 青木保憲牧師が登壇「信じられる自分をつくる方法」

世界的に人気の講演企画「TED(テッド)」の派生イベント「TEDxDoshishaU」が24日、同志社大学で初開催された。同大神学部嘱託講師で牧師の青木保憲氏もスピーカーの1人として登壇し、「信じられる自分をつくる方法」をテーマに語った。

2018年11月28日16時29分

神学書を読む(34)佐藤優著『新・学問のすすめ―脳を鍛える神学1000本ノック』

神学書を読む(34)佐藤優著『新・学問のすすめ―脳を鍛える神学1000本ノック』

前作『悪魔の勉強術』に続く、同志社大学神学部での特別講義を文字に起こしたものである。ハンフリート・ミューラーの『福音主義神学概説』などをテキストとしながら、学生たちに該当箇所を読ませ、それに佐藤氏が解説を加えるというやり方となっている。

2018年08月28日16時21分

同志社大一神教センター「フランス社会のなかのカトリシズム『復興』の背景と内実を考える」3月3日

同志社大一神教センター「フランス社会のなかのカトリシズム『復興』の背景と内実を考える」3月3日

同志社大学(京都市)一神教学際研究センター主催で3月3日(金)、「フランス社会のなかのカトリシズム『復興』の背景と内実を考える」と題して、フランス高等研究実習院教授のフィリップ・ポルティエ氏の公開講演が行われる。

2017年02月16日20時35分

治安維持法で獄死した詩人尹東柱生誕100年 11日に同志社大、19日に立教大で追悼行事

治安維持法で獄死した詩人尹東柱生誕100年 11日に同志社大、19日に立教大で追悼行事

太平洋戦争下、治安維持法違反の疑いで逮捕され獄死した詩人尹東柱(ユン・ドンジュ、1917~1945)の生誕100年を記念して、2月11日(土)に同志社大学(京都市)で献花式と上映会が、19日(日)には東京池袋の立教学院で追悼礼拝と公演が行われる。

2017年02月09日12時17分

同志社大、創立150年に向けて特設ホームページを公開「同志社大学VISION2025」

同志社大、創立150年に向けて特設ホームページを公開「同志社大学VISION2025」

同志社大学(京都市)は24日、創立150年に向けて本学の教育・研究体制などの方針をまとめた特設ホームページ「同志社大学VISION2025」を公開した。4月から順次情報を更新していく。

2017年01月26日15時20分

上智大と同志社大東京サテライトキャンパスで秋の公開講座 佐藤優氏の「キリスト教とナショナリズム」など

全国の大学での秋学期の開講に合わせて、社会人や一般人も受講が可能な公開講座の申し込みの受け付けが始まっている。上智大学や同志社大学では、キリスト教をテーマにした公開講座が開講される。

2016年09月01日14時32分

デルタ航空、同志社大学の留学プログラムを支援 関西の大学で初めて

デルタ航空、同志社大学の留学プログラムを支援 関西の大学で初めて

同志社大学(京都市)とデルタ航空は、同大の学生が米国の協定大学に留学する際の往復航空券をデルタ航空が無償で提供することに合意した。同大の松岡敬(まつおか・たかし)学長とデルタ航空の森本大(もりもと・まさる)日本支社長が出席し、調印式が14日、同大で行われた。

2016年07月20日19時31分

同志社大赤ちゃん学研究センター、「共同利用・共同研究拠点」事業スタート

同志社大赤ちゃん学研究センター、「共同利用・共同研究拠点」事業スタート

同志社大学(京都市)赤ちゃん学研究センターは、今年4月に文部科学省より「共同利用・共同研究拠点」として認定された。それを受け、同センターは「赤ちゃん学研究拠点」として事業をスタートさせることをこのほど発表した。

2016年06月06日16時10分

同志社部長ら廃棄物処理法違反容疑で逮捕 キャンパス内のごみを無許可処分

京都府:同志社大良心学研究センター主催「難民問題―世界の良心に呼びかける」 6月14日

同志社大学良心学研究センター主催で6月14日(火)、「難民問題―世界の良心に呼びかける」と題した公開シンポジウムが開催される。国連難民高等弁務官(UNHCR)駐日事務所副代表の小尾尚子氏が講演する。

2016年05月17日16時28分

国策としての「グローバル人材」ではなく「良心」「地の塩」としての人物育てたい 小原克博・同志社大教授

国策としての「グローバル人材」ではなく「良心」「地の塩」としての人物育てたい 小原克博・同志社大教授

小原克博教授は同志社大学神学部教授としてキリスト教思想、宗教倫理学を専門として研究している。2015年に発足した良心学センター所長としても宗教、学問分野を超えた積極的な発信を続けている。なぜ「良心」なのか、話を聞いた。

2016年04月06日17時44分

同志社大、東京で社会人向けにキリスト教神学や世界の宗教を考える講座 講師に佐藤優氏や小原克博教授

同志社大、東京で社会人向けにキリスト教神学や世界の宗教を考える講座 講師に佐藤優氏や小原克博教授

同志社大学(京都市)は、2016年春学期に東京サテライトキャンパス(東京都中央区)で、同大神学部出身で元外交官の佐藤優氏や小原克博神学部教授による講座を社会人向けに開講する。新しく始まる講座について、小原教授に話を聞いた。

2016年04月06日17時43分

「自殺をケアするということ」同志社大でシンポ(2/2)弱さを語ること

「自殺をケアするということ」同志社大でシンポ(2)弱さを語ること

引土絵来(ひきつち・えみ)さん(国立精神・神経医療研究センター外来研究員)は、精神科のソーシャルワーカーとしてアルコール依存者の援助職として支援に関わってきたが、その原点は父を自殺で亡くしたことにあったと述べ、自死した父と自身について語った。

2016年04月06日7時08分

「自殺をケアするということ」同志社大でシンポ(1/2)自殺予防対策の歴史を斎藤友紀雄氏が講演

「自殺をケアするということ」同志社大でシンポ(1)自殺予防対策の歴史を斎藤友紀雄氏が講演

「自殺をケアするということ~『弱さ』へのまなざしからみえるもの」と題したシンポジウムが3月26日、同志社大学で行われた。日本いのちの電話連盟創立者の斎藤友紀雄氏が「自死者の名誉回復」と題して、日本の自殺予防の歴史について講演した。

2016年04月06日6時54分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング