同志社大学

京都府:佐藤優氏、同志社大の新会堂で来月献堂記念講演

同志社大学は来月15日、同大京田辺キャンパス(京都府京田辺市)に3月に完成した新会堂の献堂記念として、元外務省主任分析官で作家の佐藤優氏による講演会を開催する。テーマは「同志社のキリスト教主義は人生にどう役立つか」。

2015年04月28日15時31分

貧民救済に命賭けて―山室軍平の生涯(5) 飲まず食わずの日々

軍平は東京に戻らず、そのまま同志社に留まりたいと強く願った。京都の同志社には社会の第一線で活躍している人物が多数出入りし、有名な教授がそろっていたからである。

2015年04月21日1時36分

ICU、グローバル人材育成支援の中間評価で「S」を獲得

ICU、グローバル人材育成支援の中間評価で「S」を獲得

日本学術振興会は、文部科学省が推進するスーパーグローバル大学等事業のプログラムの一環である「経済社会の発展を牽引(けんいん)するグローバル人材育成支援」について、採択された42事業の中間評価の結果を発表した。

2015年03月24日9時51分

京都府:同志社大公開講演会「表現の自由と宗教的尊厳は共存できるのか?」

京都府:同志社大公開講演会「表現の自由と宗教的尊厳は共存できるのか?」

同志社大学一神教学際研究センター、同大神学部・神学研究科主催の公開講演会「表現の自由と宗教的尊厳は共存できるのか?―パリ、コペンハーゲンでの襲撃事件を踏まえて」が、3月14日(土)に京都市の同大今出川キャンパスで行われる。入場無料。

2015年02月26日15時46分

同志社学生と創業460年の京友禅老舗が協力 キリスト教の祭服「ストール」で異文化コラボ

同志社学生と創業460年の京友禅老舗が協力 キリスト教の祭服「ストール」で異文化コラボ

同志社大学のクラーク記念館で昨年12月、「京都発のキリスト教祭服を世界に発信する」の制作発表イベントが開催された。これは、キリスト教主義学校である同志社大学の学生と、京都にある京友禅の老舗「千總(ちそう)」が共同して行ったもの。

2015年02月20日20時00分

「共存してた中東のイスラム・キリスト教徒間の関係破綻しつつある」 同志社大の小原克博教授

「共存してた中東のイスラム・キリスト教徒間の関係破綻しつつある」 同志社大の小原克博教授

同志社大学一神教学際研究センター(CISMOR)センター長の小原克博・同大神学部教授は2日、本紙の取材に応じ、「中東の混乱の中で、かつて共存していたイスラム教徒と少数派キリスト教徒の関係も破綻しつつある」などとメールでコメントした。

2015年02月02日23時35分

同志社大、新チャペル「言館」建設中 4月から活用開始

同志社大、新チャペル「言館」建設中 4月から活用開始

同志社大学の京田辺キャンパス(京都府京田辺市)で、同大初の宗教施設となる礼拝堂「言館(ことばかん)」の建設が行われている。既存の建物に増築して造っている「光館(ひかりかん)」と共に4月にはオープンする。

2015年01月25日17時43分

京都府:同志社大学プロジェクト科目「京都発のキリスト教祭服を世界に発信する」制作発表

京都府:同志社大学プロジェクト科目「京都発のキリスト教祭服を世界に発信する」制作発表

同志社大学の2014年度プロジェクト科目「京都発のキリスト教祭服を世界に発信する」の制作発表イベントが、12月18日(木)に京都市の同大学クラーク記念館で行われる。入場無料。

2014年12月01日19時00分

京都府:講演会「チェルノブイリとフクシマ―その現実とこれから―」

講演会「チェルノブイリとフクシマ―その現実とこれから―」(主催は公益財団法人日本キリスト教婦人矯風会)が、10月18日(土)に京都市の同志社大学良心館で開かれる。

2014年09月24日21時42分

グローバル化社会で宗教はどう対話し対応するか 同志社で日本宗教学会

同志社大学(京都市上京区)で12日から3日間にわたり、日本宗教学会の第73回学術大会が開催された。グローバル化が進み宗教や信仰が移り変わる中、生命倫理や国際政治、社会に対して、宗教がどう対話し対応していくか議論が行なわれた。

2014年09月15日18時43分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース