京都府:佐藤優氏、同志社大の新会堂で来月献堂記念講演

2015年4月28日15時31分 印刷

同志社大学は来月15日、同大京田辺キャンパス(京都府京田辺市)に3月に完成した新会堂の献堂記念として、元外務省主任分析官で作家の佐藤優氏による講演会を開催する。テーマは「同志社のキリスト教主義は人生にどう役立つか」。同大出身で、クリスチャンである佐藤氏が、同大のキリスト教主義についてクリスチャンでない人にも分かりやすく語る。

同大は3月、同大初の宗教施設となる礼拝堂「言館(ことばかん)」と、既存の建物を増築して造った「光館(ひかりかん)」からなる「同志社京田辺会堂」を完成させた。特に「言館」については、京田辺キャンパスにこれまで礼拝堂がなかったため、建設は長年の懸案だったという。名称は、新約聖書(新共同訳)の「初めに言(ことば)があった。言は神と共にあった」(ヨハネ1:1)に由来。今回の講演会も「言館」で行われる。

入場無料。申し込み不要。問い合わせは、同大キリスト教文化センター事務室(電話:0774・65・7370、FAX:0774・65・7374、メール: jt-kirib@mail.doshisha.ac.jp)まで。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


イベントの最新記事 イベントの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース