同志社学生と創業460年の京友禅老舗が協力 キリスト教の祭服「ストール」で異文化コラボ

2015年2月20日20時00分 記者 : 坂本直子 印刷
関連タグ:同志社大学
+同志社学生と創業460年の京友禅老舗が協力 キリスト教の祭服「ストール」で異文化コラボ
昨年12月に行われた制作発表イベントで展示された京友禅のストール4点。日本の四季とキリスト教のモチーフを、赤、緑、紫、白の4色で表現した。

同志社大学のクラーク記念館で昨年12月18日、「京都発のキリスト教祭服を世界に発信する」の制作発表イベントが開催された。これは、キリスト教主義学校である同志社大学の学生と、今年創業460年を迎える京都にある京友禅の老舗「千總(ちそう)」が共同して、キリスト教文化と京都の伝統産業の技術と美意識の異文化コラボレーションを目指して行ったプロジェクト。

「京都だからできる新たな祭服を」と、同大の学生らが共同して、日本の伝統文化である「京友禅」を取り入れた新しいキリスト教祭服を発案した。今回制作されたのはストール。「時代、宗派を超えて用いられ続けるストールを制作することで、現在だけでなく、未来へ向けて新たな可能性を発信できる」という思いから、ストールの制作を決めたという。

同志社学生と創業460年の京友禅老舗が協力 キリスト教の祭服「ストール」で異文化コラボ
職人の工房で箔(はく)付けの工程を見学しているところ

制作発表イベントでは、日本の四季とキリスト教のモチーフが染め上げられた赤、緑、紫、白のストール4点が展示された。京友禅ならではの「暈(ぼか)し」「匹田(ひった)」などの技法によって、日本の四季を象徴する桜、梅などの花々と、キリスト教に関連する動物や植物が美しく彩られた。

京友禅は、いくつも工程を重ねて仕上げていく大変手間のかかる作業だ。京都染織文化協会のサイトによると、「暈し」の技法は、「生地が濡れている間に染液につけた刷毛を何回も刷り、色を濃から淡へ次第に変化していくように描く」と説明されており、11の工程を経てようやく完成される。4本のストールのそれぞれの美しさは、このように幾重にも重ねられた工程の結晶だ。

プロジェクトのリーダーである同大神学部4年の本間優太さんは、今回のプロジェクトを通して、「あらためて祭服・装飾・シンボルなどの感覚的次元も、宗教において大きな意味を持つことを知った」と話す。そして、「豊かな色彩や装飾は人間の心を豊かにするもので、それ自体は否定できない。プロテスタント側もそれを否定するにしろ、受け入れるにしろ、もう一度しっかりこれらのことを学ぶ必要があると痛感した」と語った。

同志社学生と創業460年の京友禅老舗が協力 キリスト教の祭服「ストール」で異文化コラボ
四季を赤、緑、紫、白で表し、さらにそれぞれに教会暦とキリスト教における意味付けを加えた。赤は春と聖週間が該当し、火と血を表す。緑は夏と通常時で、希望、堅実さ、忍耐を表す。紫は秋と四旬節・待降節で、回心、節制、悲しみを表現。白は冬と降誕節・復活節で、神の栄光、勝利、復活、喜び、清らかさを象徴しているという。

関連タグ:同志社大学

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース