隠れキリシタン口伝の祈り歌「オラショ」 生月島で披露

2014年11月28日01時02分 印刷

長崎県平戸市の生月(いきつき)町博物館「島の館」で24日、隠れキリシタンの祈り歌「オラショ」が披露された。長崎新聞が伝えた。

オラショは、ラテン語で祈りを意味する「oratio」が語源とされ、同島にキリスト教が伝来した約450年前から、信者の口伝で伝えられてきた祈りの歌。通常、教会では宣教師によって祈りの言葉や解釈は、言葉の時代変化と共に少しずつ変わっていくというが、禁制により一人も宣教師がいなくなった生月島では、言葉を全く変えることなくそのまま口伝えで伝えられ、保存されてきたという。

生月島は、フランシスコ・ザビエルらのイエズス会が布教を始め、いち早く民衆にキリスト教が浸透した地域。しかし、1587年に豊臣秀吉が伴天連追放令を出して以来明治まで続く禁教時代、人々は「隠れた本当の信仰」と「仏教」の2つの儀礼を一通り行うことで、幕府からの迫害から逃れたとも伝えられている。

聖歌は日本へ伝わった最初の西洋音楽と言われている。その中の唄オラショは、先月バチカンのサンピエトロ大聖堂で披露されたグレゴリオ聖歌がルーツだといわれている。しかし、この歌自体は欧州ではすでに歌われなくなっているという。

この歌を復元し、サンピエトロ大聖堂での演奏の指揮を執ったのは、イルミナート・フィルハーモニー・オーケストラの西本智実さん。西本さんの曾祖母はこの生月島の出身だという。西本さんは、この活動の功績が認められバチカン国際音楽財団より名誉賞を受賞。「オラショ」はバチカンから正式な聖歌として認められた。

長崎新聞によると、この日は壱部地区の信者5人が、30ほどの祈りを約30分かけて唱える「一通り」を披露した。この中には「唄オラショ」も含まれ、観客約60人が聞き入った。

信者の川崎雅市さん(64)は同紙の取材に対し、「信者かつ男性という条件に加え、人口減もあり後継者は厳しい状況にある。どうにかして伝統を守っていきたい」と語った。

隠れキリシタンの音楽は21世紀に入ってからはあまり詳しく研究されておらず、近年の唄オラショに関する情報を得ることが困難な現状と言われているが、同紙には「長崎市外海地区のかくれキリシタンの祈りと比べ、生月は男性が声に出して行うのが特徴」と話す、生月町博物館の学芸員である中園成生氏の言葉が紹介されている。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

ヒルソングが日本語CD「なんて麗しい名」を初リリース 日本の次世代賛美の牽引役となるか? 実際に聴いてみた!

「エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ」に見るSNS世代の複雑さと素直さ

元AKB48の竹内美宥さん、教会の音楽集会に出演 「苦しいとき、いつも神様に祈った」

有名俳優たちが聖書の世界を忠実に再現 無料アプリ「聴くドラマ聖書」、9月リリース

首都圏最古、かやぶき屋根の「旧手賀教会堂」を守ろう 柏市がふるさと納税活用したCF型募金

礼拝堂に「天使の歌声」が響き渡る! ゴスペル歌手チャリティ・ロックハートさん来日コンサートが大盛況

日本福音ルーテル熊本教会、国の登録有形文化財へ ヴォーリズ晩年の作

「トイ・ストーリー4」に描かれる人の生きざまのリアル

「存在のない子供たち」 誕生日も年齢も知らない・・・ 悲痛なリアリティーを投げ掛ける衝撃の一作

映画「パピヨン」 人間にとっての「自由」「解放」とは何かを問うこん身の一作

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース