牧師の小窓(211)坂本龍馬の姪・岡上菊栄について(その22) 福江等

2020年3月22日17時29分 コラムニスト : 福江等 印刷
関連タグ:福江等

岡上菊栄の生涯をこうして見ていくと、彼女の理想とするところが次第に見えてくるような気がします。24時間体制で子どもたちや誰も顧みる人のいない老人や行き倒れの人たちを救済する仕事を長きにわたって行い続けた菊栄は、次のような文章を「三十余年の懐古」という自伝の中に残しています。

「このありがたい日本の御国を、より良くより美しくするためには、飲酒、淫楽、乱婚は絶対に抹殺されなくてはならないと思うのは、長い間、悲惨な子ども等とともに生活してまいりました私の燃えるような願望でございます。まことに貧は恐るるに足らず。家庭あり、自らは最高学府たる大学まで卒業しながら、わが子に痛ましい病を伝え、この園に投げ棄てるようにして入れなければならない親こそ、悲惨の極みでございます」

菊栄の歩みを見ていると、日本という国を「より良くより美しく」したいという理想がその胸中に行き来していたことが分かるような気がします。目の前の子どもたちを養育していく中で、その背景にある大人の世界、人間の姿、社会の矛盾などが彼女の脳裏をかすめていたのでしょう。子どもが棄てられたり虐待されたりする背景に、大人たちの身勝手さがあったり、社会全体の悪しき風潮があったりする現実に菊栄は心を痛めていたのでした。彼女は自身の使命を同じ自伝の中で次のような言葉にして残しています。

「私の仕事は社会のどん底を掃除する役目でございます。いわば社会のどぶさらへでございます。(略)私の手しほにかけた子どもは、まだ大臣になった子も、富豪になった子もございません。けれども三百人の私の子どもが、一人も犯罪を行わず、よき社会人として、大工、理髪師、樽職人、百姓、電車の運転手などそれぞれ御国のために働いていることは、私のこよなき喜びでございます。(略)この園などは、入らなければならない哀れな子がなくて必要なくなる日は、何時くるのでしょうか。(略)この博愛園なども、もっともっと、子どもらのために改善されなくてはなりません。いかに惨めであろうとも、御国の宝なるこの子どもらとともに生活しつつ、祈りつつ、努力してゆこうと存じます」と。菊栄の熱い思いが伝わってくるではありませんか。

(出典:武井優著『龍馬の姪・岡上菊栄の生涯』鳥影社出版、2003年)

<<前回へ     次回へ>>

福江等

福江等(ふくえ・ひとし)

1947年、香川県生まれ。1966年、上智大学文学部英文科に入学。1984年、ボストン大学大学院卒、神学博士号修得。1973年、高知加賀野井キリスト教会創立。2001年(フィリピン)アジア・パシフィック・ナザレン神学大学院教授、学長。現在、高知加賀野井キリスト教会牧師、高知刑務所教誨師、高知県立大学非常勤講師。著書に『主が聖であられるように』(訳書)、『聖化の説教[旧約篇Ⅱ]―牧師17人が語るホーリネスの恵み』(共著)、『天のふるさとに近づきつつ―人生・信仰・終活―』(ビリー・グラハム著、訳書)など。

福江等牧師フェイスブックページ
高知加賀野井キリスト教会ホームページ
高知加賀野井キリスト教会フェイスブックページ

関連タグ:福江等

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース