牧師の小窓(208)坂本龍馬の姪・岡上菊栄について(その19) 福江等

2020年3月1日06時59分 コラムニスト : 福江等 印刷
関連タグ:福江等

前回のこのコラムで、岡上菊栄に対する地域の人々の目が次第に変わってきたことを記しました。園児たちを捨て身で養育する菊栄を、尊敬の目で見るようになってきたのでした。そして、いろいろな人が応援をするようになっていきました。

ある時は、子どもたちの栄養のために時々は牛乳を飲ませてあげたいと思って、近くの牛乳屋から買ってくることがありました。月末になって新米の小僧が集金に来ました。菊栄は労をねぎらって快く代金を支払いました。ところがその晩、小僧はこっぴどく主人に叱られました。

「ナニ、慈善協会のおばあちゃんから、牛乳代を集金してきたんだと!?何で行く前にわしにいわんぜよ。あのおばあちゃんから金をもらわれん。金を取ってどうするぜよ。おばあちゃんは自分が飲むのじゃなく、子どもに飲ませている。そんな殊勝な人がどこにおるか。今後、おばあちゃんから金はもらうでない!!」菊栄は地域で「慈善協会のおばあちゃん」として知られるようになっていったようです。

菊栄は園児のみならず、卒園していった子どもたちのことも常に心の中で心配していました。そして、その子どもたちがどうしてもお金が必要なとき、菊栄は高利貸しの所へ足を運ぶこともあったようです。そして借金を申し込むとき、ここの女主人はこう言ったそうです。

「返済のことなどちっとも気にしないでいいですから。岡上先生が社会のためにどんなご苦労をされているのか、私どもは十分承知しています。先生のお蔭でたくさんの子どもたちがまっとうな人間になっていることを考えたら、私どももできることは喜んでさせていただきます。どうぞどうぞ、一人で苦しまないでください。いつでもお気軽にお越しください」と。

女主人は太っ腹に構えて、金の工面をしていたのでした。菊栄にとって女主人は最大の理解者、影のスポンサーと呼べる存在でした。このように菊栄の働きを陰で支える理解者や支援者が地域で次第に増えていったようです。まさにイエス・キリストが言われたように「与えなさい。そうすれば与えられます」というお言葉の真実が菊栄の働きを通して分かるような気がします。

(出典:武井優著『龍馬の姪・岡上菊栄の生涯』鳥影社出版、2003年)

<<前回へ     次回へ>>

福江等

福江等(ふくえ・ひとし)

1947年、香川県生まれ。1966年、上智大学文学部英文科に入学。1984年、ボストン大学大学院卒、神学博士号修得。1973年、高知加賀野井キリスト教会創立。2001年(フィリピン)アジア・パシフィック・ナザレン神学大学院教授、学長。現在、高知加賀野井キリスト教会牧師、高知刑務所教誨師、高知県立大学非常勤講師。著書に『主が聖であられるように』(訳書)、『聖化の説教[旧約篇Ⅱ]―牧師17人が語るホーリネスの恵み』(共著)、『天のふるさとに近づきつつ―人生・信仰・終活―』(ビリー・グラハム著、訳書)など。

福江等牧師フェイスブックページ
高知加賀野井キリスト教会ホームページ
高知加賀野井キリスト教会フェイスブックページ

関連タグ:福江等

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース