牧師の小窓(205)坂本龍馬の姪・岡上菊栄について(その16) 福江等

2020年2月10日22時08分 コラムニスト : 福江等 印刷
関連タグ:福江等

サエが退園してから数年たって、菊栄は棄児を育て始めました。その子は鏡川の橋の下で保護されたので、菊栄は「橋本愛子」と名付けました。愛子を育て上げた菊栄は、愛子が退園するときに、当時高知で女学会を開校していたアンニー・ダウド宣教師のところに入学をお願いに行きました。その時ダウドは、月謝は必要ないからと言って入学を許可してくれたのです。それから愛子は高知女学会の「なでしこ寮」で生活することとなりました。ダウドは愛子の品格に深い印象を受けたようです。

その後、愛子は神戸の松陰女学校宣教師のメイドとなりました。しばらくして彼女は「修道院に入りたい」という願いを持つようになり、昭和13年の秋、東京にあった聖公会の修女会に入会しています。愛子が16、17歳の時のことです。その頃、愛子は日々の出来事を細々と手紙につづって、菊栄に送ってきておりました。その中には「結核患者の方をお見舞いいたしました」とか「〇〇病院へ慰問に行きました」ということが書かれていたのでした。そのような手紙を読むたびに、菊栄は憤慨して心を痛めていたようです。

「こんな若い娘をどうして結核患者の慰問などに行かせるのか。私にはさっぱり理解できない。行かせてなるものか。見ててごらん、いまに愛子は感染される。結核になって帰って来る。ほんとうに、なんで行かせるのだろう・・・」と心配していたのです。そして菊栄の心配は的中しました。愛子は結核にかかり、病状がかなり進んで菊栄のもとに帰ってきました。

菊栄は愛子を自分の部屋で寝かせ、愛子の食事や洗濯に気を配り、懸命に看護に努めました。しかし、病状が悪化し武田病院に入院。手厚い菊栄の看護もむなしく、愛子は昭和18年11月15日に息を引き取りました。享年21歳でした。菊栄は親しい人たちに次のようにもらしています。「わが子を亡くした親の気持ちとはこのようなものでしょうか。幸い、私は自分の子を亡くした経験がないので、こんなにも落胆するものか・・・。寂しくて仕方がありません」と。

愛子の遺骨は、後に菊栄の墓の中で一緒に眠ることになりました。現在、丹中山にある菊栄の墓碑の正面には「孤児橋本愛子を抱いて、おばあちゃんはここに眠る」とあり、側面には「一粒の麦地に落ちて死なずばただ一つにてあらん、もし死ねば多くの実を結ぶべし」と刻まれています。

(出典:武井優著『龍馬の姪・岡上菊栄の生涯』鳥影社出版、2003年)

<<前回へ     次回へ>>

福江等

福江等(ふくえ・ひとし)

1947年、香川県生まれ。1966年、上智大学文学部英文科に入学。1984年、ボストン大学大学院卒、神学博士号修得。1973年、高知加賀野井キリスト教会創立。2001年(フィリピン)アジア・パシフィック・ナザレン神学大学院教授、学長。現在、高知加賀野井キリスト教会牧師、高知刑務所教誨師、高知県立大学非常勤講師。著書に『主が聖であられるように』(訳書)、『聖化の説教[旧約篇Ⅱ]―牧師17人が語るホーリネスの恵み』(共著)、『天のふるさとに近づきつつ―人生・信仰・終活―』(ビリー・グラハム著、訳書)など。

福江等牧師フェイスブックページ
高知加賀野井キリスト教会ホームページ
高知加賀野井キリスト教会フェイスブックページ

関連タグ:福江等

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース