牧師の小窓(203)坂本龍馬の姪・岡上菊栄について(その14) 福江等

2020年1月26日19時06分 コラムニスト : 福江等 印刷
関連タグ:福江等

岡上菊栄にとって最も養育困難な子どもは盗癖と性的変質者であったそうですが、今回は盗癖のあった五助という少年のことを記してみます。13歳の五助はどんなに用心深く財布を片付けておいても、必ず見つけ出して金を盗むのでした。

園内だけでなく園外の家々からも金品を盗むので、近所から当然苦情が殺到しました。「あの子を園から追い出してください。町にどろぼうがいるだけでも迷惑です。おちおち家を空けることができません」と談判に来る人が後を絶たなかったそうです。菊栄は冷や汗をかきながら金品を返却し、謝罪して回りました。

菊栄はどうしたものかと途方にくれました。そんな矢先、子ども部屋から自室に戻り、障子を開けようとしたとき、何やら人の気配を感じたのです。もしやと思って、菊栄は音も立てずにスッと部屋に入りました。案の定、五助がたんすの中をかき混ぜているのです。

飛び上がらんばかりに驚いた五助は、バツの悪そうな顔をしました。菊栄は五助に向かって笑顔をつくり、大きくうなずき、五助に近づいてその手をやさしく包んでやりました。

「五助よ。どうしてそんなにお金がいるのかえ?」「・・・本が買いたい・・・」「・・・そうかよ、五助は本が読みたかったのか。気付かんで悪かったのう。そんな理由なら何も遠慮することはない。おばあちゃんに言ってくれれば良いものを。このたんすのお金は遠慮することはないよ。欲しいものは何なりと言えばいいから・・・」

そう言って菊栄は叱るわけでもなく、反対にたんすの中から金をぜんぶ取り出して、笑顔をつくってうなずきながら、五助の前に「さあ、お使いなさい」と差し出したのです。五助は青い顔を引きつらせました。

数日たって、五助が菊栄の部屋へ来ました。「おばあちゃん、これからは二度と致しません。いろいろありがとうございました」

以来、五助の盗癖はやんだのでした。態度も変わり園の模範生となり、園を出てからは市内の商店に勤め、間もなく模範店員となって店主の信頼を一身に集めるようになったそうです。「すべて求める者には与えなさい。奪い取る者からは取り戻してはいけません」というキリストのお言葉を思い起こさせるようなエピソードです。

(出典:武井優著『龍馬の姪・岡上菊栄の生涯』鳥影社出版、2003年)

<<前回へ     次回へ>>

福江等

福江等(ふくえ・ひとし)

1947年、香川県生まれ。1966年、上智大学文学部英文科に入学。1984年、ボストン大学大学院卒、神学博士号修得。1973年、高知加賀野井キリスト教会創立。2001年(フィリピン)アジア・パシフィック・ナザレン神学大学院教授、学長。現在、高知加賀野井キリスト教会牧師、高知刑務所教誨師、高知県立大学非常勤講師。著書に『主が聖であられるように』(訳書)、『聖化の説教[旧約篇Ⅱ]―牧師17人が語るホーリネスの恵み』(共著)、『天のふるさとに近づきつつ―人生・信仰・終活―』(ビリー・グラハム著、訳書)など。

福江等牧師フェイスブックページ
高知加賀野井キリスト教会ホームページ
高知加賀野井キリスト教会フェイスブックページ

関連タグ:福江等

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース