牧師の小窓(200)坂本龍馬の姪・岡上菊栄について(その11) 福江等

2020年1月5日20時38分 コラムニスト : 福江等 印刷
関連タグ:福江等

さまざまな家庭の事情で心身に傷を負った子どもたちすべてに、菊栄は「彼らの魂を、肉体を成長させなくてはなりません」という使命を帯びて博愛園での働きを進めて行かれました。

5歳の音吉の身の上も悲惨なものでありました。音吉がまだ乳飲み子であったときに父親が戦死しました。天皇陛下から御下賜金(ごかしきん)が届いたのですが、金銭に執着する姑によって音吉の母親は無理やり追い出されてしまったのです。家には音吉と祖母の2人だけとなりました。音吉が歩き始めてからお腹いっぱいご飯を食べさせてもらったことはなく、毎日道端に落ちている馬糞拾いをさせられました。

空腹で立つのがやっとだったある日、音吉は道に倒れてしまったのでした。村の巡査が発見しました。音吉が祖母に引かれて博愛園に入園してきたときは、栄養失調でヨタヨタしてボロを身にまとっていたのでした。

音吉は強情でした。これ以上ひねくれようもないというほど素直さに欠けていたようです。7歳になり小学校に通うようになると、学校の先生から「手に負えません。学校に来られては、ほかの生徒のために悪いので来させないようにしてください」と注意される始末でした。困り果てた菊栄は、日記に次のように書いています。「私は真剣にいろいろ方法を考えて、勉強机の上に花を活けたり、美しい額を飾ったり、一人で静かにいる時間を多くしたり、しっとり落ち着いて話したりしました」

そうしているうちに、音吉はだんだん笑うようになり、子どもらしさを取り戻してきたのです。学校の先生からも「近頃は大変おとなしく、良い子になりました」と褒められるようになっていきました。

音吉ののちの人生について、菊栄が次のように書き残しています。「(音吉は)小学校を終えると樽谷の職人となり、二十歳で独立して母を迎え、いまでは大阪でそれはそれは孝行しています。私が病気になりますと、大阪から日帰りで見舞いに来てくれます。高島屋の奈良漬を入れる樽を作っているものですから、いつも奈良漬を持って来ます。自分の収入の金高の出納帳をもって来て見せ、『おばあちゃん、このぐらいお金がありますから、私のできることなら何でもします。有馬の温泉へでも行きましょう』と熱心に申すのでございます」と。

イエス・キリストのお姿が菊栄を通して伝わってくるような気がしてならないのは私だけでしょうか。

(出典:武井優著『龍馬の姪・岡上菊栄の生涯』鳥影社出版、2003年)

<<前回へ     次回へ>>

福江等

福江等(ふくえ・ひとし)

1947年、香川県生まれ。1966年、上智大学文学部英文科に入学。1984年、ボストン大学大学院卒、神学博士号修得。1973年、高知加賀野井キリスト教会創立。2001年(フィリピン)アジア・パシフィック・ナザレン神学大学院教授、学長。現在、高知加賀野井キリスト教会牧師、高知刑務所教誨師、高知県立大学非常勤講師。著書に『主が聖であられるように』(訳書)、『聖化の説教[旧約篇Ⅱ]―牧師17人が語るホーリネスの恵み』(共著)、『天のふるさとに近づきつつ―人生・信仰・終活―』(ビリー・グラハム著、訳書)など。

福江等牧師フェイスブックページ
高知加賀野井キリスト教会ホームページ
高知加賀野井キリスト教会フェイスブックページ

関連タグ:福江等

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース