牧師の小窓(199)坂本龍馬の姪・岡上菊栄について(その10) 福江等

2019年12月29日18時08分 コラムニスト : 福江等 印刷
関連タグ:福江等

岡上菊栄が小学校教師を辞めて高知博愛園の初代園母として奉職を始めたのは菊栄43歳の時、明治43年4月1日からでした。その時から昭和22年4月22日までの37年間、明治、大正、昭和の三時代の長きにわたって、自らのすべてを投げ打って、実親から離れた子どもたちの養育に専念したのでした。

高知博愛園は現在の高知新聞社と電車通りを挟んで南側あたりにあったようです。明治43年に入所した子どもは男女合わせて35人、年齢は6歳から15歳までで、高知県下のあらゆる地域から「孤児」「遺児」「貧困児」「迷児」として保護された子どもたちでありました。

最初の頃、菊栄が養育した子どもの一人に14歳の平七という子どもがいました。平七は結核を患っていました。平七は入園していったんは工場で働いていましたが、どこへ行っても反抗的な態度をとるために仕事が長続きせず、園にいても言うことを聞きません。

その頃、結核は不治の病として忌み嫌われていました。菊栄は何をおいても治してやろうと心に決めて、平七の世話をしていきましたが、いくら言っても菊栄の言うことを聞き入れようとしません。それどころか、結核への恐怖にさいなまれ、狂ったように反抗的な態度をとり始めたのでした。「皆に感染してやる」と言って至る所で痰唾を吐きちらしていくのです。

菊栄は他の子どもたちに感染しては大変なことになると、平七を自分の部屋に入れて、自室に住まわすことにしたのです。布団を並べて平七の頭を撫で、菊栄は毎晩のように平七がうつらうつらと心地良い眠りに入るまで昔話を続けました。特別に平七のために食事を作り、自然治癒力を高めていく食事療法を実践しました。調子を見計らって戸外へ誘い、教会にも連れ出したのでした。

次第に平七も落ち着いてきて、言うことを聞くようになっていきました。そのようにして9カ月目に病院を訪ねて行くと、平七の結核は完治していたのです。院長が驚いて肝を潰し、結核をこれほどまでに治せるのなら、うちの病院の婦長になってほしいと頼まれるほどであったそうです。

完治した平七は性格も温順になり、村で百姓をし、かたわらで郵便配達をするようになりました。神からの使命感に裏打ちされた菊栄の「愛情の力」が平七を心身ともに癒やしたという一つの尊い証しだと思います。

(出典:武井優著『龍馬の姪・岡上菊栄の生涯』鳥影社出版、2003年)

<<前回へ     次回へ>>

福江等

福江等(ふくえ・ひとし)

1947年、香川県生まれ。1966年、上智大学文学部英文科に入学。1984年、ボストン大学大学院卒、神学博士号修得。1973年、高知加賀野井キリスト教会創立。2001年(フィリピン)アジア・パシフィック・ナザレン神学大学院教授、学長。現在、高知加賀野井キリスト教会牧師、高知刑務所教誨師、高知県立大学非常勤講師。著書に『主が聖であられるように』(訳書)、『聖化の説教[旧約篇Ⅱ]―牧師17人が語るホーリネスの恵み』(共著)、『天のふるさとに近づきつつ―人生・信仰・終活―』(ビリー・グラハム著、訳書)など。

福江等牧師フェイスブックページ
高知加賀野井キリスト教会ホームページ
高知加賀野井キリスト教会フェイスブックページ

関連タグ:福江等

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース