牧師の小窓(194)坂本龍馬の姪・岡上菊栄について(その5) 福江等

2019年11月24日19時24分 コラムニスト : 福江等 印刷
関連タグ:福江等

喜び勇んで通い始めた高知英和女子学校を、学費を払うことができずにわずか7カ月でやめざるを得なくなり、自らの非力を思い知らされ、菊栄は途方に暮れてしまいました。収入の道が閉ざされた上に、婦喜は病気で臥せってしまい、医者に診せることも薬を買うこともままならず、菊栄は考えに考えた末、一つの決断をします。それは花柳界(かりゅうかい)に身を投ずることでありました。

菊栄はたしなみとして三味線や踊りを少し身に着けていたこともあって、こうなれば生きていく道はここにしかないと思い定めたのでした。当時の花柳界に君臨していた得月楼に小春という知り合いがいたので、小春を頼りに雇ってくれるように頼みに行ったのでした。小春は驚き呆れて、菊栄の身の上話を聞いた上で菊栄の思い違いを諭しました。花柳界は菊栄の来るようなところではないと言って思いとどまらせようとしたのです。

しかし、菊栄は他に道がないと思い、引き下がらず女将さんに会わせてほしいと懇願するのです。仕方なく小春は、女将さんに菊栄を引き合わせました。すると、女将さんも武士の立ち居振る舞いが身についている菊栄を一目見てきっぱりと断ったのです。

仕方なく菊栄は、九反田にあった小さな料亭ののれんをくぐり働き口を求めたのでした。そこの女将は菊栄の父親にかつて診てもらったことがあって、恩義に感じて菊栄を雇う約束をしてくれたのです。菊栄は働き口の見つかったことで深く安堵しました。そのことを床についている婦喜に明るい声で話しをする一方で、婦喜はただ黙ってうなずきながら涙したのでした。

そんなときです。一人の友人が菊栄を訪ねて来たのです。菊栄はその友人に「明日から芸妓になる」と伝えたところ、友人は顔を引きつらせて「そんなバカなことがあるもんですか。芸妓になったら一生浮かぶ瀬はない!」と言って激しく菊栄を叱責したのです。本気で叱ってくれる友人の言葉によって、菊栄は自分が貧乏に負けまいと力むあまり、心がどこか頑なになりかけていたことにハッと目が覚めたのでした。そして、もう一度勉強をするために三味線や琴などを売って婦喜の薬を買い、勉強のための参考書などを買ったのでした。

この友人の真剣な言葉が菊栄の人生を大きく変えてくれたのでした。ここにも神様の見えない御手が大きく働いていたと思わざるを得ないのです。

(出典:武井優著『龍馬の姪・岡上菊栄の生涯』鳥影社出版、2003年)

<<前回へ     次回へ>>

福江等

福江等(ふくえ・ひとし)

1947年、香川県生まれ。1966年、上智大学文学部英文科に入学。1984年、ボストン大学大学院卒、神学博士号修得。1973年、高知加賀野井キリスト教会創立。2001年(フィリピン)アジア・パシフィック・ナザレン神学大学院教授、学長。現在、高知加賀野井キリスト教会牧師、高知刑務所教誨師、高知県立大学非常勤講師。著書に『主が聖であられるように』(訳書)、『聖化の説教[旧約篇Ⅱ]―牧師17人が語るホーリネスの恵み』(共著)、『天のふるさとに近づきつつ―人生・信仰・終活―』(ビリー・グラハム著、訳書)など。

福江等牧師フェイスブックページ
高知加賀野井キリスト教会ホームページ
高知加賀野井キリスト教会フェイスブックページ

関連タグ:福江等

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース