牧師の小窓(193)坂本龍馬の姪・岡上菊栄について(その4) 福江等

2019年11月18日06時57分 コラムニスト : 福江等 印刷
関連タグ:福江等

向学心に燃えていた菊栄は正式な教育を受けたいと思っていましたが、明治20年ごろの高知では、女子の中等教育機関に当たる学校がありませんでした。ところがちょうどその頃、米国の宣教師アンニー・ダウドが校長となってキリスト教の女学校(現在の清和学園)が開校されることになったのです。そして学生を募集していたのです。

このことを叔父の篤治に伝えて保証人になってほしいという話をすると、叔父は「なぜそんな勝手な真似をするか!」と激怒した揚げ句、菊栄を勘当すると宣言したのです。しかし、それでも菊栄は女学校への進学を諦めませんでした。入学試験を受けて菊栄は見事に合格したのです。菊栄は目の前に日の光が射し込んでくるような喜びを感じたようです。それもこの女学校がキリスト教の女学校であることに、彼女の心は弾んだのでありました。

菊栄の父岡上樹庵が敬虔な隠れキリシタンであったことを、菊栄は幼いころから知っていました。樹庵は天井裏に秘密の礼拝堂を持っていて、キリストを礼拝していたのでした。そして菊栄には、父から渡されて大切にしていた小箱がありました。その小箱を菊栄はずっと後になるまで開けることがありませんでしたが、ある時、思い切って開けてみました。するとそこには、表紙を錦織で装丁した聖書と、キリスト教を学ぶための公会問答集になっている初心者向けの教本が収められていたのです。そのような父の影響があり、ダウド宣教師との出会いがあって、次第に菊栄はキリスト教に傾いていったと思われます。

喜び勇んで女学校の生活を始めた菊栄でありましたが、なにかと助けてくれていた婦喜が病気になり、学校から帰ってから一人で賃仕事をして、婦喜の面倒を見ながら、授業料を捻出して生活することは、さすがの菊栄にも無理な状況になって追い込まれていきました。そして、憧れて入学した高知英和女学校を、明治22年4月、わずか7カ月でやめてしまわざるを得なくなったのです。

当時は、教育を受けることがこれほど厳しい時代だったのですね。現代は教育の機会にあふれていますが、菊栄のように向学心に燃えている人がどれくらいいるでしょうか。

(出典:武井優著『龍馬の姪・岡上菊栄の生涯』鳥影社出版、2003年)

<<前回へ     次回へ>>

福江等

福江等(ふくえ・ひとし)

1947年、香川県生まれ。1966年、上智大学文学部英文科に入学。1984年、ボストン大学大学院卒、神学博士号修得。1973年、高知加賀野井キリスト教会創立。2001年(フィリピン)アジア・パシフィック・ナザレン神学大学院教授、学長。現在、高知加賀野井キリスト教会牧師、高知刑務所教誨師、高知県立大学非常勤講師。著書に『主が聖であられるように』(訳書)、『聖化の説教[旧約篇Ⅱ]―牧師17人が語るホーリネスの恵み』(共著)、『天のふるさとに近づきつつ―人生・信仰・終活―』(ビリー・グラハム著、訳書)など。

福江等牧師フェイスブックページ
高知加賀野井キリスト教会ホームページ
高知加賀野井キリスト教会フェイスブックページ

関連タグ:福江等

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース