牧師の小窓(196)坂本龍馬の姪・岡上菊栄について(その7) 福江等

2019年12月8日20時25分 コラムニスト : 福江等 印刷
関連タグ:福江等

人生の危機一髪のところで教員試験に合格した菊栄は、それから高知県下の小学校を次々と教えていくことになりました。菊栄はさまざまな小学校で教えていく間に結婚をし、子どもを5人産んでいます。出産をしてはすぐに仕事に復帰するということを繰り返しながら、菊栄はベテラン教師となっていきました。

菊栄が結婚した相手は、小学校の校長をしていた安岡栄吾という素封家の次男でありました。両親を若くして亡くした菊栄の岡上家に婿養子として入籍しました。仕事と家事育児を両立できたのは、婦喜が常に菊栄を支えていたからだと言ってよいでしょう。

菊栄が安芸郡の小学校(現在の安芸市立第一小学校)に勤め始めたとき、家事や家の仕事の手伝いのために学校に来れない子どもたちが大勢いることを知り、菊栄は夜学を始めました。多くの反対をものともせず、貧しい家の子どもたちに読み書きソロバンを教えていきました。また、学校を終えた後、夕方の時間に子どもたちの家々を訪ねて行き、子どもを学校に送り出すように説得に回っていきました。

菊栄は自分自身が子どもの頃、学校に行く子どもたちを横目に家の仕事の手伝いをさせられていたときの絶望的な気持ちを忘れることができず、なんとしても一人でも多くの貧しい家庭の子どもたちが読み書きソロバンだけは覚えて、人生に希望を見いだしてほしいという強い願いから、各家庭を訪問して行ったのでした。

こうして家庭訪問をしていたある家で、赤ん坊をあやしている7歳の春(仮名)がいました。春も登校できない子どもの一人でした。春を見ていると菊栄は、学校に行くことができなかった自分の子どもの頃を思い出して心が痛むのでした。菊栄は春の父母に向かって、きっぱりと言いました。「春ちゃんが学校に来るのなら、赤ちゃんをつれて来てもいいです。赤ちゃんの面倒は私が見ます。春ちゃん、おいでなさいね」と。

このような努力が功を奏して、ぽつりぽつりと子どもたちが朝から学校に来るようになったのでした。春も赤ん坊をおぶって来たのでした。菊栄は授業中に赤ちゃんが泣くと、生徒たちに自習をさせながら、赤ん坊に自分のお乳を飲ませ、赤ちゃんを寝かせると何事もなかったかのように教壇に立ちました。

いつの間にか、菊栄のこのような教育姿勢が県下に広く知られることなり、思いがけない新しい道が開かれていったのでした。

(出典:武井優著『龍馬の姪・岡上菊栄の生涯』鳥影社出版、2003年)

<<前回へ     次回へ>>

福江等

福江等(ふくえ・ひとし)

1947年、香川県生まれ。1966年、上智大学文学部英文科に入学。1984年、ボストン大学大学院卒、神学博士号修得。1973年、高知加賀野井キリスト教会創立。2001年(フィリピン)アジア・パシフィック・ナザレン神学大学院教授、学長。現在、高知加賀野井キリスト教会牧師、高知刑務所教誨師、高知県立大学非常勤講師。著書に『主が聖であられるように』(訳書)、『聖化の説教[旧約篇Ⅱ]―牧師17人が語るホーリネスの恵み』(共著)、『天のふるさとに近づきつつ―人生・信仰・終活―』(ビリー・グラハム著、訳書)など。

福江等牧師フェイスブックページ
高知加賀野井キリスト教会ホームページ
高知加賀野井キリスト教会フェイスブックページ

関連タグ:福江等

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース