牧師の小窓(201)坂本龍馬の姪・岡上菊栄について(その12) 福江等

2020年1月12日17時22分 コラムニスト : 福江等 印刷
関連タグ:福江等

現在このコラムで連載しています「岡上菊栄について」は、武井優という著者が書き表した『龍馬の姪・岡上菊栄の生涯』という著作から引用しているものです。あまりにも素晴らしいので、皆様とお分かちしたくてこのように記載しております。ご興味のある方は、直接この書物を読まれることをお勧めいたします。

高知博愛園で園母として働いていたときの菊栄の記録が、上の書物に克明に記載されています。前回は、音吉という子どものことを記しました。今回は安次という子どものことを何回かに分けて記載してみようと思います。

安次の母親は前科17犯のスリでありました。この母親は、高知の刑務所の中で父親不明の男児を産みました。それが安次であります。安次を刑務所の中で育てることはできないので、菊栄の方に連絡が刑務所から入り、安次を引き取ることになったのです。ようやく歩き始めた安次は、菊栄を見るなりおびえて泣きだし、母親にしがみつきました。

嫌がる安次をなだめすかして背負い、博愛園に連れて帰ろうとしますが、安次は何回も刑務所に向かって帰ろうとするのです。やっと園に帰ったその晩から、菊栄は安次を自室に住まわせ、毎晩抱いて寝ることにしました。お話を聞かせ、子守唄を歌うけれど、いく晩抱いて寝ても安次はなついてこないのです。身体を硬直させて、時にひくひくと全身をけいれんさせることもあるのです。なぜ自分をこんなに怖がるのか、なぜ信用してくれないのか、菊栄は考えに考えました。

ある日のこと、安次が庭の物干しざおでひらひらと風に揺られている赤い着物を見ながら上機嫌でいるところを菊栄は見つけました。それでふと思いついて、寝る時に赤い色の着物を着て、細帯を締めてみたのです。すると安次はその晩から、菊栄の着物を握りしめてぐっすり眠るようになったのです。刑務所にいる母親の着物とよく似た着物であったのですね。安次にとってはそれが「母ちゃん」であったのでした。それからは、朝から晩まで菊栄にまとわりつくようになったというのです。

途方に暮れるような問題にぶつかる中で、求めていくならば必ず解決の道を見いだすことができるという主イエスのお言葉を思い出させてくれるエピソードですね。

(出典:武井優著『龍馬の姪・岡上菊栄の生涯』鳥影社出版、2003年)

<<前回へ     次回へ>>

福江等

福江等(ふくえ・ひとし)

1947年、香川県生まれ。1966年、上智大学文学部英文科に入学。1984年、ボストン大学大学院卒、神学博士号修得。1973年、高知加賀野井キリスト教会創立。2001年(フィリピン)アジア・パシフィック・ナザレン神学大学院教授、学長。現在、高知加賀野井キリスト教会牧師、高知刑務所教誨師、高知県立大学非常勤講師。著書に『主が聖であられるように』(訳書)、『聖化の説教[旧約篇Ⅱ]―牧師17人が語るホーリネスの恵み』(共著)、『天のふるさとに近づきつつ―人生・信仰・終活―』(ビリー・グラハム著、訳書)など。

福江等牧師フェイスブックページ
高知加賀野井キリスト教会ホームページ
高知加賀野井キリスト教会フェイスブックページ

関連タグ:福江等

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース