牧師の小窓(206)坂本龍馬の姪・岡上菊栄について(その17) 福江等

2020年2月16日20時08分 コラムニスト : 福江等 印刷
関連タグ:福江等

岡上菊栄についてのエピソードは事欠かないほどありますが、今回は菊栄らしく時代を先取りしている姿がよく表れている出来事を記してみます。大正8年のこと、菊栄の実子の一人、千代がまだ小学校5年生の時のことです。夏休みを控えたある日の放課後、友達を誘って4人で鏡川に泳ぎに行ったのです。その時、友達の一人が川に流されて溺れそうになりました。幸い近くにいた大人たちに助けられて事なきを得ました。

ところが、このことが次の日の新聞に載ったのです。当時、女子の水泳は校則で禁止されていました。学校は前代未聞の不祥事に大騒ぎになり、4人の子どもたちは職員室へ呼び出されてこっぴどく叱られました。教室でも後ろに立たされました。4人は泣きながら謝罪し、園に帰ってからも千代は泣き続けていたのです。菊栄は事情を千代から聞いて、「そういうこともあろう」ぐらいに受け止めて、別に驚くふうでもないのです。ところが、他の子どもの親たちが慌てふためいて菊栄の所へ集まってきました。親たちは「なんというあきれたことをしてくれたんでしょう」と嘆き憤慨し、自責の念にとらわれていました。

そこで、菊栄は肚(はら)を決めて学校に行くことにしました。学校の職員室では教師の怒りが充満して、異様な熱気が漂っていました。教師たちは、子どもたちに聞かせた説教と同じことを親たちにも繰り返しました。3人の母たちが2度3度同じ謝罪の言葉を終えた頃、菊栄は教師たちに向かって切り出しました。

菊栄が教師たちに言ったことを要約すると、女子が水泳をしてはいけないということを誰が決めたのか、女子こそ水泳ができないと、もし子どもが溺れそうになったらすぐに助けることができないし、ただ泳げるだけでなく、もがき苦しんでいる子どもを助けるためには相当水泳が達者でなければならない。校則を破ったから悪いというのではなく、そんな校則を作っておく学校に問題がありゃしませんか、という話をしたのです。

母たちは腰を抜かさんばかりに驚き、教師たちはグーの音も出なかったといいます。菊栄の意見は理にかなったものでした。それで、なんと翌年から同校では校則を変え、女子の水泳を認めたといいます。すると他の学校でも校則を変えていったのだそうです。菊栄の時代を先取りした姿が見えてくるようなエピソードではありませんか。

(出典:武井優著『龍馬の姪・岡上菊栄の生涯』鳥影社出版、2003年)

<<前回へ     次回へ>>

福江等

福江等(ふくえ・ひとし)

1947年、香川県生まれ。1966年、上智大学文学部英文科に入学。1984年、ボストン大学大学院卒、神学博士号修得。1973年、高知加賀野井キリスト教会創立。2001年(フィリピン)アジア・パシフィック・ナザレン神学大学院教授、学長。現在、高知加賀野井キリスト教会牧師、高知刑務所教誨師、高知県立大学非常勤講師。著書に『主が聖であられるように』(訳書)、『聖化の説教[旧約篇Ⅱ]―牧師17人が語るホーリネスの恵み』(共著)、『天のふるさとに近づきつつ―人生・信仰・終活―』(ビリー・グラハム著、訳書)など。

福江等牧師フェイスブックページ
高知加賀野井キリスト教会ホームページ
高知加賀野井キリスト教会フェイスブックページ

関連タグ:福江等

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース