キリストの愛をよみがえらせ、キリストの愛で愛していこう 万代栄嗣

2019年5月13日22時07分 コラムニスト : 万代栄嗣 印刷

私たちは、互いに愛し合いましょう。愛は神から出ているのです。愛のある者はみな神から生まれ、神を知っています。愛のない者に、神はわかりません。なぜなら神は愛だからです。神はそのひとり子を世に遣わし、その方によって私たちに、いのちを得させてくださいました。ここに、神の愛が私たちに示されたのです。私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、私たちの罪のために、なだめの供え物としての御子を遣わされました。・・・神がこれほどまでに私たちを愛してくださったのなら、私たちもまた互いに愛し合うべきです。(1ヨハネの手紙4:7~11)

平成から令和へ年号が変わり、新しい時代が始まった喜びばかりでなく、あなたの生活の中に神の祝福、喜び、感謝すべきことがしっかり届いているでしょうか。人生はたとえ100歳まで生きるとしても、日々の積み重ねです。一日一日を神に恵まれた日として歩んでいくことが必要です。

神から大いに恵まれ祝福されるためのキーワードの一つは、「愛」です。流行歌や小説でよく使われ耳にする言葉で、よく分かっているように思われますが、神の救いを考えるとき、「愛」を抜きには語れません。

1. 神は愛なり

聖書が語る愛は、単に人を好きになるというようなあやふやな概念ではありません。神は滅びゆく罪ある私たちを愛してくださって、神のひとり子であるイエスをこの世に遣わされました。そして、イエスは私たちの罪を背負って十字架にかかって死んでくださいました。神の愛が形となり事実となったのです。

私たちは、罪の裁きを免(まぬか)れたばかりか、神の子どもとされ、永遠の命までも与えられていることを心から感謝しましょう(ヨハネ3:16)。毎日の歩みの中に、救い主イエスを通して明確になった神の愛が、はっきりと心の中にありますように。今あなたの心の中に神の愛をよみがえらせましょう。

2. キリストの愛に満たされる

最近の世の中では、悪いことの方が大きな影響力があるように感じます。凶悪犯罪やインフルエンザの流行も人々を襲います。しかし、神の救いと愛の力はそれよりももっと強く広がります。「罪の増し加わるところには、恵みも満ちあふれました」(ローマ5:20)。神から愛されイエスの愛を体験している私たちは、神の愛に満たされ、生まれ変わらせていただきたいと思います。

3. 神の愛を実践する

イエスは、「互いに愛し合いなさい」と私たちに新しい戒めを下さいました。救い主イエスが与えた、旧約聖書の律法を超える戒め、命令です(ヨハネ13:34)。神の愛を頂いた者として自分のためだけでなく、今度は神の愛をもって人々を愛する者になりましょう。自分の周りにいる人々、教会の兄弟姉妹によいものを与え、感謝の言葉で接し、祈り合い、お互いに心から愛し合う者になりたいと思います。

愛ある一日一日が、私たちの人生を形作っていきます。愛を分かち合いながら、大いに恵まれた日々を過ごしましょう。

万代栄嗣

万代栄嗣(まんだい・えいじ)

松山福音センターの牧師として、全国各地、そして海外へと飛び回る多忙な毎日。そのなかでも宗教を超えた各種講演を積極的に行っている。国内では松山を中心に、福岡、鹿児島、東京、神戸、広島、高松にて主任牧師として活動中。キリスト教界のなかでも、新進気鋭の牧師・伝道者として、注目の的。各種講演会では、牧師としての人間観、ノイローゼのカウンセリングの経験、留学体験などを土台に、真に満足できる生き方の秘訣について、大胆に語り続けている。講演内容も、自己啓発、生きがい論、目標設定、人間関係など多岐にわたる。

また、自らがリーダー、そしてボーカルを務める『がんばるばんど』の活動を通し、人生に対する前向きで積極的な姿勢を歌によって伝え続け、幅広い年齢層に支持されている。国外では、インド、東南アジア、ブラジル等を中心に伝道活動や、神学校の教師として活躍している。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース