11歳で大学卒業の天才少年「科学を通して神の存在を証明したい」

2018年7月28日18時46分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+11歳で大学卒業の天才少年「科学を通して神の存在を証明したい」
11歳で大学を卒業した「天才少年」ウィリアム・マイリス君(画像:正教会系大学のインタビュー動画より)
- 広告 -

米フロリダ州のセントピーターズバーグ大学を今月21日に卒業した11歳の天才少年の夢は、天体物理学者になって神の存在を証明することだ。

「僕は科学を通して神の存在を証明したいんだ。世の中の人が分かるようにね」と、同大で文系準学士号を取得したウィリアム・マイリス君は地元紙「タンパベイ・タイムズ」(英語)に語った。

ウィリアム君は、無神論も、また科学のある部分も、宗教と同じくらい「信仰」に依存していると言う。宇宙は偶然の産物ではなく、より高尚な存在が創造した可能性が高いというのがウィリアム君の考えだ。

「科学と宗教に違いはありません。科学は自然界を説明する手段であって、神を否定するものではありません」

ウィリアム君は生後7カ月の時に完全な文章で話し始め、1歳半で足し算と引き算ができるようになり、3歳で3言語のアルファベットを使い、4歳で代数を理解した。そして5歳の時に、心理学者のジョアン・ルースサッツ氏から「天才」と認定された。

ウィリアム君は、この才能は神からの賜物(たまもの)だと米ABCのニュース番組(英語)で語っている。「神からの賜物は誰にでもあります。僕は知識と科学と歴史の賜物があります」

ウィリアム君は今秋、サウスフロリダ大学に編入することになっており、18歳までに博士号を取得することを目標にしている。

一方、そんな天才児を持つ家族ならではの悩みもある。父親のピーター・マイリスさんは、同州パームハーバーにある聖ラファエル・聖ニコラス・聖イレーネ・ギリシャ正教会の主任司祭を務めているが、ウィリアム君の学費の調達が家族の一大事になっているという。ウィリアム君の年齢では、国の学生支援プログラムの資格を得ることができないためだ。「皆さんは、息子のような子どもには政府が学費を出していると思うかもしれません(でも実際は違います)」とピーターさんは話す。

セントピーターズバーグ大学のトンワ・ウィリアムズ学長は、地元テレビのニュース番組「ベイニュース9」(英語)のインタビューでウィリアム君を賞賛した。

「ウィリアム君も彼の成績も、とても素晴らしいと思います。彼は極めて優秀ですし、とても気さくで協調性があります」

ウィリアム君を「天才」と認定したルースサッツ氏は、マイリス家の家系に見られる自閉症歴が、ウィリアム君の驚異的な能力と関係していると考えている。「神童には彼のような善を行う動機があるのです。神童は、人類の全体像に深い理解を示すものなのです」。ルースサッツ氏によると、ウィリアム君のような子どもは約1千万人に1人おり、その多くが慈善活動を行う財団を創設しているという。

※この記事はクリスチャンポストの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング