エジプトのキリスト教徒、ラマダン中のイスラム教徒に食事を提供

2017年6月30日09時47分 翻訳者 : 山本正浩 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+エジプトのキリスト教徒、ラマダン中のイスラム教徒に食事を提供
イスラム教徒は約1カ月間にわたるラマダン(断食月)の期間中、夜明けから日没までの間、断食をする。日没後に食べる食事は「イフタール」と呼ばれる。写真はイタフールを食べるため、日没を待つイスラム教徒ら=2005年11月7日、エジプト・カイロで (写真:Otto J. Simon)
- 広告 -

イスラム過激派の暴力に苦しむエジプトのキリスト教徒たちだが、「目には目を」と報復することはせず、ラマダン(断食月)の時期には、日中食事をできないイスラム教徒のために毎日食事を提供する人たちもいる。

ロイター通信(英語)によると、ラマダンの時期、エジプトではこのような光景が毎年見られるという。しかし今年は、例年よりも反響が大きかった。過激派組織「イスラム国」(IS)が、エジプトのキリスト教徒や教会を狙ったテロ攻撃を相次いで行い、宗教間の亀裂が深まっていたからだ。

キリスト教徒の中年男性、ダウード・リヤドさんは、首都カイロの自宅近くの通りに幾つかのテーブルを置き、通行人に無料で家庭料理を振る舞った。それは、イスラム教徒がラマダン中の日没後に行う「イフタール」という食事の時間帯だった。

「彼らが私と子どもたちを招待してくれたので、私は驚きました。彼らは通り沿いにテーブルを置き、シェイク(アラブの村や家族のリーダー)やキリスト教徒、イスラム教徒の区別をせず、誰でもテーブルに連れて行って断食明けの食事を振る舞ってくれました」と、イスラム教徒のタレク・アリさんは言う。

リヤドさんが住む地区にはキリスト教徒の家庭が幾つかあり、異なる宗教の人々の結束を図る取り組みとして、ラマダンの間、毎日協力して食べ物や飲み物を振る舞っている。

「私たちはみな同じ町内に住んでおり、誰もが兄弟であり友人です。私はこの男性の息子を(私の息子と一緒に)育てたのですが、この男性はイスラム教徒です」と、隣人の男性を指さしてリヤドさんは話した。

ラマダンの期間はイスラム暦(大陰暦)に基づくため、毎年11日ほど早まり、約33年で一巡する。今年は5月26日に始まり、6月24日に終了した。

※この記事はクリスチャンポストの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング