絆を強める方法 安食弘幸(38)

2016年3月6日18時56分 コラムニスト : 安食弘幸 印刷
関連タグ:安食弘幸

「自分にしてもらいたいと望むとおり、人にもそのようにしなさい」(ルカ6:31)

上記の聖書の言葉は、あらゆる人間関係の絆を強めるための黄金律です。もし、あなたが人間関係の達人になりたいのなら、この言葉を心の板に刻んで決して忘れないことです。

バンク・オブ・アメリカのロサンゼルス支店で起こったことです。銀行の駐車場は利用客に限って無料でしたが、乱用する人が続出したので、全員有料としました。ある日「有料になったことを知らなかったから今日は無料にしてくれ」と、ヨレヨレのシャツとジーンズ姿の60過ぎの男性が、窓口の係の人に頼みました。

彼の後ろには、順番待ちの人の列ができています。少しイライラした窓口係は、その男性に冷たく言い放ちました。「これはもう決まったことです。文句があるなら支店長に言ってください、ハイ、次の方!」

その男の人は再び列の最後尾に並び、そして自分の番が来たとき、自分の口座から全額を下ろし、向かいの銀行に移し変えてしまったのです。その額はなんと420万ドル(約4億6200万円)でした。窓口係のチョットした態度が、この銀行に大きな損失をもたらしたのです。

あるガソリンスタンドの壁に「なぜ、客は来なくなるのか」という張り紙がありました。

それによると、1パーセントは死亡、3パーセントは引っ越し、5パーセントは近くに他のスタンドができた、7パーセントは価格の問題。そして、84パーセントは従業員の無神経な態度。ここにも、従業員のお客様に対する態度の重要性というものが、はっきり示されています。

神奈川県秦野市に愛鶴(あいず)タクシーという会社があります。不況のタクシー業界で業績を伸ばしています。

以前、あるホテルと契約して仕事をしていたとき、そのホテルの支配人から「キミのところの会社はサービスというものが分かっていない、もう使わない」と言われてしまいました。社長の篠原さんは、その時へりくだってホテルの支配人を訪ねて「サービスについてゼロから教えてください」と頼みました。すると支配人は「その答えは聖書の中にある」と言ったのです。

そして上記の言葉「自分にしてもらいたいと望むとおり、人にもそのようにしなさい」を教えてくださったそうです。

それから社長の篠原さんは、一生懸命お客様のニーズはどこにあるのかを考えました。その中の一つのアイデアは、「福祉タクシー」というものです。身体障害者やお年寄りの人たちの立場に立ったタクシーです。

タクシーを改造し、運転手にはホームヘルパー2級の資格を取らせたり、手話を習わせたりしました。同業他社の人々は「昼間だけのタクシーがもうかるはずがない」と言って、篠原さんの試みを冷たい視線で眺めていました。

しかし、この試みは世間の人々に受け入れられたのです。社会的弱者に優しいタクシー会社というイメージが広がり、普通のタクシーの需要も伸びたのです。

ある人が病院の予約を取りました。医者が「どうしましたか」と聞くと、その人は「体中が痛いのです。膝、腰、腹、胸、こめかみ、どこを押しても痛いのです。年のせいでしょうか」

やがて検査の結果が出ました。医者は言いました。「あなたは指を骨折しています」。どおりで体中のどこを押しても痛かったわけです。

私たちの相手に対する態度は、この指のようです。態度が間違っていれば、何をしても失敗しますし、正しい態度を保てば、相手との絆はますます強まっていくのです。

<<前回へ     次回へ>>

安食弘幸

安食弘幸(あんじき・ひろゆき)

1951年、島根県出雲生まれ。関西学院大学社会学部卒。大学時代は硬式野球関西六大学リーグの強打者として活躍。関西聖書学院卒。セント・チャールズ大卒。哲学博士。現在、日本キリスト宣教団峰町キリスト教会主任牧師。NHK文化センター「聖書入門講座」「カウンセリング講座」講師、JTJ宣教神学院講師、とちぎテレビ「ゴスペルジェネレーション」の説教者。また、国内外の教会や一般企業、ミッションスクール、病院、福祉施設で講演活動を行っている。

日本キリスト宣教団峰町キリスト教会ホームページ
【安食弘幸著書】(Amazon)
【安食弘幸著書】(イーグレープ)

関連タグ:安食弘幸

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース