3000年前の壺に聖書的な名前 イスラエル中部で発見

2015年8月2日22時24分 翻訳者 : 木下優紀 印刷
関連タグ:イスラエル
+3000年前の壺に聖書的な名前 イスラエル中部で発見
イスラエル中部で発見された3000年前の壺(写真:イスラエル考古庁 / タル・ロゴフスキー)

イスラエルの考古学者たちが、3000年前のものとみられる陶器の壺を修復し、ダビデ王の時代の聖書の登場人物と同じ名前がその壺に彫られていることを発見した。

割れて数百もの破片になっていた大きな壺には、「Eshbaal ben Beda」という名前が彫られていた。

「Beda」は聖書にある名前ではないが、「Eshbaal」ないし「Ishbaal」はダビデと王座を争い、刺客によって殺されたサウルの子イシュ・ボシェト(サムエル下3~4章)を指す名前。ヘブライ大学考古学研究所のヨーゼフ・ガーフィンケル教授とイスラエル考古学庁のザール・ガノール氏は、「聖書的伝統と考古学的発見の関係から、これがこの期間にのみよく見られた名前であることを示唆します」と述べた。

ガーフィンケル教授とガノール氏は、壺にあった「Ishbaal ben Beda」という人物は、恐らく有力な地主だっただろうとしている。壺は産物を運ぶために使われていたと考えられている。

壺は、聖書の中ではサレムの名で出てくる街と考えられるヒルベト・ケイヤファで発見された。この街はダビデ王の時代、紀元前11世紀末から10世紀初期に存在し、2008年には世界で最古のヘブル語の銘文が発見された。

ガーフィンケル教授とガノール氏は、「5年前まで、ユダ王国の時代から紀元前10世紀に書かれた銘文の存在は知られていませんでした。近年、4つの銘文が見つかりました。2つはヒルベト・ケイヤファ、1つはエルサレム、もう1つはベト・シェメシュから出土しました。これらの発見によって、ユダ王国時代の書字の分布に対する私たちの理解は完全に変わりました。以前考えられていたよりもはるかに広まっていたことが現在では明らかになっています。王国の機関は事務官や書記官などの幹部がいたとみられ、彼らの活動は銘文の存在によって明白になりました」と語った。

「Ishbaal(エシュバアル)」という名前は、聖書の歴代誌上8章33節に見られるが、サムエル記下では「Ishbosheth(イシュ・ボシェト)」に変わっている。「baal(バアル)」という語尾は、名付けた人が信仰していたカナン人の豊穣の神を思い起こさせるもので、「bosheth(ボシェト)」という語尾は「恥」を意味し、後のイスラエル人の著者によって使用された。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。
関連タグ:イスラエル

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース