「女性と貧困 シングルマザーの現状から」 横浜YWCAで公開講座

2015年2月13日17時19分 記者 : 守田早生里 印刷
関連タグ:YWCA
+「女性と貧困 シングルマザーの現状から」 横浜YWCAで公開講座
横浜YWCA主催による公開講座「女性と貧困~シングルマザーの現状から~」で話す、NPO法人「しんぐるまざあず・ふぉーらむ」理事長の赤石千衣子さん=1月31日、横浜YWCA(横浜市中区)で

一昨年、創立100周年を迎えた横浜YWCA。キリスト教を基盤に、世界中の女性たちと共に言語や文化の壁を越えて、女性の社会参画、人権、健康、環境が守られる平和な世界の実現を目指すNGO団体だ。

1月31日には、公開講座「女性と貧困~シングルマザーの現状から~」を、横浜市中区にある同館内で行った。講師は、NPO法人「しんぐるまざあず・ふぉーらむ」理事長の赤石千衣子さん。赤石さんは約30年前、非婚のシングルマザーになった。共同保育の保育士、女性団体の編集の仕事を経て現職に。シングルマザー当事者として、シングルマザーと子どもたちが、生き生きと暮らせる社会を目指し、活動を続けている。著書も多数あり、2012年にNHKが制作したドラマ「シングルマザーズ」に取材協力するなど、精力的に活動をする中で、次々と出会うシングルマザーの心に寄り添い続けている。

厚生労働省の調べによると、日本の貧困率は16・1%と過去最悪の数値になっている。女性は、年代に差がなく、ほぼ全ての年代で、男性に比べて貧困率が高い。中でも、高齢単身女性、母子家庭、若年単身女性の貧困が目立つ。母子家庭の貧困は、働いても低賃金であることが原因の一つだと考えられている。母親の貧困は、子どもの貧困を招く。しかし、母子家庭に対する世間の目はいまだ厳しい。

赤石さんは、「本当に困っている人は、なかなか声を上げない。さらに、本当に困っている人のところにも支援が届かないのが現状」と話す。世界のシングルマザーの就労事情を見てみると、米国73・8%、英国56・2%、フランス70%であるのに対し、日本は80・1%と他の国よりも高い。「よく働いているのに貧困」といった構図は、日本が抱える大きな問題といえる。さらに、養育費を受け取っている母親は、全体のわずか19・7%。平均は月額4万3482円だ。養育費については、法的な取り決めがなく、現状支払わなくても罰則がない。

一方、女性の就労について、日本には典型的な姿が見られるのという。それは、「M字曲線」と呼ばれるもので、20代くらいから働き始めて、30代になると一気に女性の就労率が下がり、40代くらいからまた働き始める女性が多いというのだ。休職あるいは退職の主な理由が子育て。こうした現象は、欧米では見られず、「日本特有のものではないか」と赤石さんは言う。また、最近では働く女性は増えたが、非正規雇用が多く、「収入が安定しない」と話す人も多いという。

現在、シングルマザーは、離婚が81%、非婚が7・8%、死別が7・5%となっている。「この結果だけを見ると、離婚するのは夫婦の努力が足りないから。いわゆる『自己責任』だという言う人がいます。しかし、離婚の原因を見てみると、相手の異性関係、暴力を振るわれた、精神的苦痛を受けた、生活費を渡さない、などが多くの割合を占め、決して『自己責任』の範囲ではなく、子どもや本人の身を守るためやむなく、といった方が多いのです」と赤石さんは話す。また、最近では、出産後に夫婦仲が悪化する「産後クライシス」から、離婚に至る場合もあるという。

小さな子どものいる母親が離婚して、「すぐにでも働いて、収入を・・・」と考えるのは、普通だろう。しかし、それを阻むのが、全国的にも問題になっている「保育園不足」である。公的保育は、慢性的に足りない状態が続き、病児、病後保育は、どの市町村も受け入れ数が少なく、利用しにくい。残業や出張などにも出ることができず、「職場の人に迷惑になるから」と安定している正社員を諦め、アルバイトやパートをかけもつシングルマザーも多い。

昨年、シッターサイトを利用した横浜の母親が、結果的に子どもをベビーシッターに殺されてしまった事件を例に挙げ、赤石さんは「この時、母親への非難が集中した。しかし、この母親は、子どものことを考えていなかったとは思えない。最終手段として利用したシッターサイトで、このような事件に巻き込まれたのではないか。それを考えると私は胸が痛い」と言って、声を震わせた。

「ひとり親も立派な家族。お父さんがいて、お母さんがいて・・・という幻の家庭像にとらわれないでほしい。最近は、民間の支援団体も多く存在する。一人で悩まず、周りに相談を」と話した。

横浜YWCAでは、暴力を受けた女性のための支援や女性相談を行っている。詳しくは、問い合わせを(電話:045・681・2903)。

関連タグ:YWCA

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース