カナダ最高裁、安楽死を容認 政府に1年以内の合法化を命令

2015年2月12日20時08分 印刷
+カナダ最高裁、安楽死を容認 政府に1年以内の合法化を命令
カナダ連邦最高裁判所(写真:Jacob Earl)

カナダ連邦最高裁判所は6日、医師の手助けによる安楽死を限定的に認める判決を出した。共同通信が報じた。訴訟は、2009年に筋萎縮性側索硬化症(ALS)と診断された女性が起こしたもので、その女性は12年に亡くなっているが、別の難病にかかり、スイスで安楽死をした女性の遺族が原告として加わっていた。2人とも神経が侵され、治療法がなく、耐え難い苦痛を強いられる病だったという。

最高裁は、自ら判断できる成人が自らの命を絶つことに明確に合意し、重大で治療の見込みがない疾患があり、耐えがたい苦痛を受けている場合、安楽死の選択を認めないことは個人の自由を侵害すると判断した。1993年の安楽死の是非をめぐる審理では、最高裁は、医師による自殺ほう助を違憲とする判決を下していたが、今回の判決では、医師による自殺ほう助を禁止する法律を違憲とし、連邦と各州の政府に対して1年以内の法制化を命じた。9人の判事が一致して、選択する権利を認めたという。

医師が致死量の薬剤を処方し、患者自身が服用するという一定の条件下での安楽死は、スイスなどの欧州4カ国、オレゴン州などの米国の一部の州で合法となっているが、宗教団体などから批判も強い。

これまでも、安楽死を目的とした外国人スイス渡航者の増加や、昨年11月、余命の短い脳腫瘍の当時29歳の女性、ブリタニー・メイナードさんが、「尊厳死」を求める運動を起こし、オレゴン州で自ら死を選択したニュースなどが関心を集めてきた。今回のカナダでの大きな変化が、「死ぬ権利」をめぐる議論をさらに加速させそうだ。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース