「後藤健二さんのいのちを守ろう」宗教者祈念集会 宗教の枠超え祈り

2015年1月28日01時19分 記者 : 守田早生里 印刷
+「後藤健二さんのいのちを守ろう」宗教者祈念集会 宗教の枠超え命の大切さを訴える
スタイルはそれぞれ違うが祈りはひとつ。仏教関係者や、プロテスタント、カトリックの牧師、神父、信徒ら約50人が集まり、共に祈った=27日、衆議院第二議員会館(東京都千代田区)で

「後藤健二さんのいのちを守ろう緊急祈念集会」が27日、「平和をつくりだす宗教者ネット」の呼び掛けにより、衆議院第二議員会館第二会議室で行われた。

宗教者ネットは、「殺さない、殺させない」という祈りのもと、宗教を超えて平和のために祈り、行動する団体。今回集まったのは、仏教関係者、プロテスタント、カトリックの牧師、神父、信徒ら約50人。集会では黙祷の中、それぞれのスタイルで祈りをささげた。呼び掛け人でクリスチャンの鈴木伶子さんは、「一昨日の礼拝後、後藤さんのために何ができるのかと皆で話し合った。われわれ宗教者の一番の力は『祈り』ではないか。宗教を超えて皆で後藤さんの無事を祈りたい」と語った。

日蓮宗日本山妙法寺の僧侶は、「宗教は違えど、われわれが同心になって祈れば、われわれの一善は世の中の悪よりも勝る。『一善』とは、平和を願う心、人の命を大切にすることではないか」と語った。また、カトリックの司祭は、「後藤さんがシリアに向かう前に残した映像の中で、彼はしっかりと日本国のパスポートを見せている。日本国のパスポートを持つものは、その身分が保証され、世界中どこにいても日本国の政府がその命を守るべきでは?」と強い口調で話した。

「後藤健二さんのいのちを守ろう」宗教者祈念集会 宗教の枠超え命の大切さを訴える
僧侶、神父、牧師らが参加した。

集会には、野党の衆議院議員も姿を見せた。吉田忠智社民党党首は、「安倍政権の今回の対応については、不満もたくさんある。言いたいこともたくさんあるが、今はそんなこと言っている場合ではない。社民党は、後藤さん解放のための協力は惜しまない」と語った。同じく福島瑞穂副党首は「政府も力を尽くしている。われわれはとにかく祈り、その思いを発信していきたい」と語った。共産党の紙智子参院議員は、「とにかく後藤さんを家族のもとへ。早期解放を訴えていきたい」と話した。

「後藤健二さんのいのちを守ろう」宗教者祈念集会 宗教の枠超え命の大切さを訴える
首相官邸前で行った祈念行動

集会の後、首相官邸前に場所を移し、祈念行動を行った。集会には間に合わなかったが、東京モスク(東京ジャーミイ)からも2人のイスラム教徒が参加。「イスラムの教えでは、人を殺してはならない。今、拘束されている2人は無実だ。絶対に殺してはならない。早く解放して、家族のもとへ帰すべき。アラーの命令に従ってほしい」と力強く訴え、その後、祈りをささげた。

続いて、プロテスタントの牧師が旧約聖書のイザヤ書を朗読し、共に祈った。カトリックの司祭は「解放の祈り」をささげ、僧侶は「お太鼓」を打ち鳴らしながら、南無妙法蓮華経を唱えた。興味深いのは、さまざまな宗教者が祈りをささげるとき、他の宗派の宗教者たちも目をつむり、共に祈っているといいうことだ。皆が心を合わせて、後藤さんの解放を祈る時となった。

最後に参加者全員で首相官邸に向かい、「後藤健二さんの命を救ってください!」「後藤健二さんを救ってください!」「後藤さんの訴えに全力で応えてください!」と大声で訴えた。

「後藤健二さんのいのちを守ろう」宗教者祈念集会 宗教の枠超え命の大切さを訴える
イスラム教徒と僧侶も参加し祈りをささげた。
「後藤健二さんのいのちを守ろう」宗教者祈念集会 宗教の枠超え命の大切さを訴える
カトリックの司祭の祈りに合わせて合掌する僧侶
「後藤健二さんのいのちを守ろう」宗教者祈念集会 宗教の枠超え命の大切さを訴える
大声で後藤健二さんを助けるよう訴える参加者たち

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース