10代の10代による「皆」のための礼拝「ティーンズ・テイクオーバー」

2014年11月12日17時30分 記者 : 竹村恭一 印刷
関連タグ:ライフハウス
+10代の10代による「皆」のための礼拝「ティーンズテイクオーバー」
「強くあれ、雄々しくあれ」と、ヨシュア記1章9節を引用してメッセージする少年=2日、ライフハウス(東京・六本木)で

「青年向け」や「少年向け」の礼拝は、世界中数限りなくあるだろう。しかし、今回紹介するのは、賛美もメッセージも、礼拝の奉仕全てを10代の中高生たちがリードして行う10代による礼拝「ティーンズ・テイクオーバー」だ。この礼拝が行われたのは、東京・六本木にあるインターナショナルチャーチ「ライフハウス」。若者が多く集う教会だが、10代の中高生が礼拝の全てをリードするのは今回が初めて。礼拝には、いつも通り約300人の学生や若い社会人が集まり、共に神を賛美した。

ロックとテクノを合わせたスタイルの賛美、中高生によるダンスも披露され、会場のボルテージは最初から上がっていく。祈りも、10代のリーダーがイザヤ書43章19節の「わたしは全く新しいことをしようとしている。いや、すでに手をつけた」という言葉を引用して祈り、ユース牧師のルイス・ライス氏が英語に通訳する。

中高生のリードを担当しているスタッフは、「ユースの礼拝は学生などの若い世代が主導で行っているが、中高生も今年で約3倍の規模に成長した。彼らに『大学生になるまで待とう』と言う気持ちではなく、『中高生にもできることがある』と思ってほしい」と、この礼拝への期待を話す。

聖書でも、幾度も若者が周囲の評価とは関係なく活躍する場面がある。預言者エレミヤがまだ若かったとき、「神様、とんでもないことです。そんなことができるはずはありません。何と言っても若すぎます」と、神の言葉に対して応える場面がある。しかし、神はそんな彼に向かって言う。「そんな言い方をするものではない。おまえは、わたしの送り出す所はどこへでも行き、命じることはどんなことでも語るようになるのだ。人を恐れてはいけない」(エレミヤ書1:6〜8)。その後、エレミヤは預言者としての生涯を全うし、その生き様はエレミヤ書として聖書に収めらることになった。

この時間の礼拝の奉仕チームは普段、おおむね大学生がリードしている。しかしこの礼拝では、10代が全ての奉仕をリードし、普段のリーダーたちはもっぱらサポートに回ったが、一切危なっかしさは感じられなかった。ソロモンの言葉にも「若者をその行く道にふさわしく教育せよ。そうすれば、年老いても、それから離れない」(箴言22:6)というものがあるが、この教会では若者に常にチャンスを与え、共に考え、共に成長することを教えている。

10代の10代による「皆」のための礼拝「ティーンズテイクオーバー」
ダビデのように「恐れず、いますぐ行動しよう」と力強くメッセージ。この日のメッセンジャーはどちらもまだ高校生。

この日のメッセンジャーは2人。「歳が若いからって軽く見られてはいけない。かえって人々の模範になりなさい」と、テモテへ宛てたパウロの手紙の内容や、ペリシテの巨人ゴリアテに単身挑み、撃ち破った少年時代のダビデの話を引用し、「若すぎるなんてことはない!だから今すぐに、意味のある人生を始めよう!」と、1人目の少年が熱いメッセージを伝えた。

「強くあれ、雄々しくあれ!あなたがどこへ行くにも神様がついている。だから、自信をもって行動していこう!」と、ヨシュアへの神の言葉を引用したメッセージ行ったのは2人目のメッセンジャー。どちらもまだ17歳と16歳の高校生だ。

このような試みに対して中高生の担当スタッフは、「普段のアウトリーチも彼らは自主的に始めている。メッセージでも触れたように、彼らが恐れず自信を持って行動できるように手助けしています」と明かしてくれた。

ライス牧師も「誰の口からメッセージされるかが重要じゃない。この若い2人の口から語られる神の言葉を心を開いて聞いてみてください」と、若者らしい情熱のこもった礼拝をサポートした。

関連タグ:ライフハウス

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース