一緒に遊んで、励まし合い、磨き合い、共有し合う場 大学生コミュニティ「Uni Hangout」

2014年10月21日12時56分 記者 : 竹村恭一 印刷
関連タグ:ライフハウス
+一緒に遊んで、励まし合い、磨き合い、共有し合う場 大学生コミュニティ「Uni Hangout」
東京・六本木の「ライフハウス」主催の大学コミュニティ。17日は約40人の大学生が交流し、イベント終了後一人が洗礼を受けた=東京都中野区で

2002年に16人から始まり、現在東京では2000人を超える人が礼拝に参加するまで成長したインターナショナル・チャーチ「ライフハウス」。年代やライフステージに合わせて様々なコミュニティが活動しているが、その中でいま最も急速に成長しているのが大学生のコミュニティだ。

大学での伝道活動はこれまで様々な団体が行ってきた。人生の中で最も多くのことを学び、また自由に行動し見識を広められるこの時期に、いかにして神を伝えるかということは長い間考えられてきた。ライフハウスでも、学生自身がこのような活動を始めた例はいくつもあり、同じ大学のキャンパスにいる者同士のコミュニティはすでにある。しかしこうした活動以外に、このような大学生のコミュニティを一カ所に集めて交流を図るイベント「Uni Hangout」が、毎週金曜日都内で開かれている。

「大学生が集まって『これがクリスチャンの大学生』ってお互いを知って、一緒に遊んで楽しんで、ビジョンを共有し、インスピレーションを与え合って、励まし合って、新しい仲間を一緒にフォローし合うためにこのイベントを行っている」と、ライフハウスの佐藤カービー牧師は話す。

大学生へのアウトリーチは、10代の中高生や社会人のそれとはまた違うチャレンジがある。勉強にしても仕事にしても、一人ひとり様々なライフスタイルで多様な悩みを抱えており、一筋縄では計れない。毎週集まっている大学生も、普段は自分のキャンパスで勉強しながらアウトリーチをしている。その中には、ミッションスクールではない学校や、キリスト教以外の宗教がバックボーンの大学も多く、活動を止められることも珍しくない。

しかし、佐藤牧師は「このコミュニティの価値や重要性を伝えれば後は本人が決める」と語る。クリスチャンとしての最高の人生、イエスが用意した最高の友達や家族、影響し成長し合える環境、それらが自分にどれだけの価値をもたらすかを彼らは伝える。あくまで「選択」は自分でしてもらうというスタンスは崩さない。

「このイベントも来なければいけないというものではない。でも友達と会いたい、楽しい時間を過ごしたいという人が自然に集まってくる。こういう人がもっとたくさん集まって、コミュニティを大きくして、みんなで遊んで、励まし合い、磨き合い、同じビジョンに進んでいって、将来は大きな影響を与える人になっていってほしい」と、今後の期待を語ってくれた。

何気ないことを行っているだけのように見えるかもしれないが、互いに励まし合い、チームとして行動する。上から下への受け渡しではなく、1コリント12章に書いてある通り、まさしくチームプレイこそ彼らの結果の秘訣なのかもしれない。

詳細はライフハウスのホームページを参照。

関連タグ:ライフハウス

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース